02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
香住の友達からカニ6杯を頂く

我が掘立小屋の中庭で給食用の大鍋で6杯のカニ茹で

 

 …遠方の友達から、ビッグな頂き物をしました。

 

 友達とはありがたい物です。わが家では幻の「松葉ガニ」6杯も頂きました。

 

 一生で一度の贅沢・カニ刺身・焼きガニ・・カニしゃぶ・かにすき・をさせてもらいました。神さん仏さん…わが親友ありがとう。

 

 掘立小屋の給食用の大鍋で、約1時間かけてカニ6匹を湯がきました。大変大変。大大変。

 

 

ゆであがった6杯のカニ・2匹下に隠れています

 

 

 

沸騰させる水の量も・バケツ3杯分・半端ではありませんので時間が掛かりました

 

 

 焼きガニや刺身・水炊きの写真は食べるのが忙しくて写真を撮りませんでした。悪しからず。

 

 本当においしかった。わが友有難うこれからもカニ待ってるわ。アハハハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
そばやさんで『最後だとわかっていたなら』を歌う予定

 

 

 3月16日土曜日午後6時30 分から、篠山の「多左衛門」と言う蕎麦屋さんでライブがあります。

 

 その蕎麦屋さんは、月一回ジャズのライブがあるそうです。

 

 私はジャズは歌いませんので、3か月1回開かれる、ジャズ以外のライブに今回参加することになりました。

 今まで通っていたシャンソン教室はやめたのですが、今回のように時たまはライブには出させていただきたいと思っています。

 

 そのための練習に励みたいと思います。

 

 今回私が歌うのは、シャンソン歌手のクミコさんも歌っています、「最後だとわかっていたなら」を歌う予定です。

 

 この歌は、アメリカで起きた2011年3月11日同時多発テロの追悼式で読まれた詩です。自分の息子を10歳で無くされて、その時の悲しみを詩に書いたそうです。

 

 最後だとわかっていたなら』

 

 今日と言う日が、最後だとわかっていたら、

一言で良いあなたを愛していると私は伝えただろう。

 

 あなたの眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら、

その魂が守れるように神様に祈っただろう。

 

 忙しさを理由に、あなたの喜ぶことをたとえばそっと微笑むことさへ、

なぜできずに来る日を過ごしたのだろ。

 

 今日と言う日が、最後だとわかっていたら、

一言で良いあなたを愛していると私は伝えただろう。

 

 


 

 

 東日本大震災から6年目にあたって岩手日報は「震災を勝手に終わらせない」として、「最後だとわかっていたなら」の詩を新聞に掲載しました。

 

 岩手日報は、3・11・をすべての人が大切な人を思う日に・そして災害を教訓として忘れない日に。と呼びかけました。

 

 この詩は、「もし明日が来ないとしたら、私は今日、どんなにあなたを愛しているか、伝えたい。」との思いを切々と訴えています。

 

「明日」が来ることは、誰にも約束されていない。だからこそ「今日」を大切に生きよう""という思いを込めた感動的な詩です。

 

 私のようないい加減な人間でもこの詩には「うるうると感動」させられました。

 

 練習を沢山して、聞いていただく方に感動を与えられれば最高です。「無理やな」そう言うなよ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
村の旅行で香住に『かに会席・但馬ステーキ』食べて来ました

氷上観光のバスです これに乗っていきました

 

 

後部座席がラウンジのようになっていてビールで盛り上がる

 

 

途中豊岡でかばん屋さんに立ち寄り見学

 

 

 

 

 今日は年1回の鷲尾集落上の旅行です。公民館前8時15分出発で、香住佐津温泉・波音の宿くろしおでカニ会席と但馬牛但馬ステーキを食べて来ました。

 

 量的にもそこそこあっておなかも満足しました。ご馳走様!!

 

 

 

豪華絢爛なカニ会席と但牛ですステ―キ

 

 

刺身盛り合わせウニ・トロ・階・海老・たい

 

 

田島牛のステーキとエリンギとピーマン

 

 

  カニで会席で先ず生ガニの刺身・そして焼きガニ・カニのしゃぶしゃぶ/かにの水炊きで締めでした。カニ三昧で嬉しい。食べるのに夢中で写真があまりとれませんでした。田島牛のステーキもおいしかったです。

 

 幹事の細見さん・会計の森本さんありがとうございました。

 

 久しぶりにかにで満腹・こんな時は人生に感謝・感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
篠山「真冬の市民フェスタ」に行って来ました


歌声のリハーサル中 後ろには歌詞が映し出されるプロジェクターが

 

 

 

 1月27日10時から篠山市民センターで「真冬の市民フェスタ」が開かれました。

 

 今年で九回目になるそうです。歌う・食べる・笑う・フェスタと銘打って開かれたのですが、今年の目玉は、なんとトトと・・・これまで・・・このフェスタではなかった「歌声喫茶ささやま」を1階メイン会場で4回公演が催されることになりましたので、私としては張り切らざるを得ません。

 

 

 

 2階のメイン会場での鳳鳴高校吹奏楽部の演奏

 

 

 

2階廊下でのバザー品販売や手作り作品販売・写真展示作など

 

 

 

 市民フェスタでは、食品部門・パフォーマンス発表部門・バザー販売部門・ワークショップ体験部門・活動報告展示部門・などがありました。

 

 そのほかにもセミナーブースやパホーマンスブースなども設けられていて色とりどり、どこから回ろかと迷うほどでした。

 

 

 

2階通路でのバザー品の販売と花苗の販売や手作り作品の販売が並んでいました

 

 

 

1階の食部門の食べ物が並んだブースです

 

 

 

 私が参加している「歌声喫茶ささやま」は、1階正面にある会場で市長挨拶を終えて歌声が始まりました、歌声は4回公演に分かれてその回ごとにテーマを持って行われました。

 

 10時20分からの第一回目は、昭和の懐メロという事で青い山脈や高原列車は行くで始まり、最期は高校3年生で締めくくりました。

 

 第二回目の歌声は、フォークソングが中心で、第三回目は大阪から駆け付けた歌声喫茶の「大阪のおっちゃん」が自分流に面白おかしく司会進行しました。

 

 最後の第四回目は、東北の被災地を歌声で慰問したつながりで、仙台の歌声のメンバー2名が特別出演し、その方々の司会進行で行われました。青葉城恋歌など手話を交えて40分公演で15時10分に終わる予定が、16時まで、延長して大いに盛り上がりました。

 

 本当に楽しい一日でした。その日のわが小屋は下の写真の状態です。

 

 

 

「真冬の市民フェスタ」の日はこの様に雪に埋もれたわが掘立小屋とツリーハウスでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 篠山ぶらぶら | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
寒い時は思考も止まるみたい・それでも自転車散歩

 

自転車散歩の帰り道道路右側に畑越しに鳳鳴高校

 

 

 

鳳鳴高校を少し過ぎたところ右側にあるお寺

 

 


また少し行くと正正面やや右側におおひるめ神社

 

 

 

 シイタケも、寒さでイジケて小さい芽のまま固まっています。これが寒さが緩んでまた成長すると、ひび割れた肉厚りシイタケができるのですが。これをドンコと言います、美味しいですよ。

 

 寒くなると、私の頭も凍てついて働きません。こんな時は薪ストーブの前でボーとしていればいいのですが、性格です何かしています。「何をしているのか」を言うほど大したことでもありませんが。

 

 あえて言うと、電気自転車での散歩や畑の見回り・ツリーハウスの痛んでいるところをコチョコチョト手直しなどしています。

 

 まあ!!自転車散歩も含めて、今やらなければならないという必要に迫られた作業や行為ではなく、することがないから探し当てた作業(行為)と言う程度の物です。

 

 でも糖尿病対策にはなっているので自転車散歩は大事かも?。

 

 

 

鷲尾の集落を過ぎて右山裾にあるわが掘立小屋群

 

 

 

近くで見ると掘立小屋とツリーハウスはこんな感じ

 

 

 

 電気自転車での散歩(サイクリング)の帰り道、道鳳鳴高校横の道に入るのです。

 

 おおひるめ神社の前を通り佐倉・大谷・鷲尾の各集落をと通り過ぎて知足の手前道路右側、山裾の緑の網をかけた畑とその上の掘立小屋・その後ろ上部にはできの悪いツリーハウスがあります。

 

 手作りの小屋が4棟ほどが雑然と立っています。これがわが自慢の手作り「作業小屋」です。

 

 することのない・そして寒くて・のんびりした一日・の出来事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
自己流の糖尿病対策

イワシの煮干し・ゴボウの輪切り・乾燥シイタケ

 

 

 妻と二人で猪名川町のイオンに行ったとき、私は近くの猪名川町図書館にいつも行きます。

 

 そこで見つけたのが糖尿病予防関係の本です。気にしてないようで結構気にしています。「そんなに気にしてんのやったら対策きちっとせえ」と言われそうですが!!!!!!

 

 米ぬかがと言うか、植物繊維が糖分を吸着(あまり自信がありません)して血糖値を抑える機能があると出ていましたので、試そうと思いました。

 

  私にどれほどの効果が出るかは1月に1回血糖値(現在は2か月に1回)などを図りに病院に通っているので、その結果はある程度わかると思います。

 

 こうご期待です。

 

 海外の研究でも、食物繊維の多いシリアル(トウモロコシや穀類の総称)にフス(小麦の糠のようなもの)などを混ぜて食事をすれば、糖尿病の予防効果が高いという報告があります。

 

 一方日本では、ほうれい線の深い人はしわも多く、高血糖の人が多いとの報告もあります。この解消方法の一つとして、カルシュウムを吸収しやすく働くと言われている、ビタミンDが血糖値のリスクを下げるというデーターがあるらしいです。(カルシュウムとビタミンDの複合作用かもしれません)

 

 ビタミンDは紫外線を浴びると、皮膚で作られるらしいので散歩やジョギングも良いかもしれません。食物でビタミンDの多いの は魚と・きのこ類らしいです。特にキノコ類は乾燥させるとよいらしいです。

 

 食物繊維は、胃から小腸への移動時間を遅らせ消化・吸収を緩やかにします。また食物繊維を取ると満腹感が得られやすく食事の絶対量を減らせる効果もあるのではないでしょうか。

 

 腸内細菌のバランスが良くなるとも考えられているようです。

 

 

 

フードプロセッサーで粉砕

 

 

湿気が入らないように容器に収納(牛蒡・椎茸・入子・米ぬか)

 

 

 具体的には、ゴボウ(食物繊維)を乾燥させて粉砕・椎茸(ビタミンD )の乾燥粉砕・イリコ(カルシュウム)の乾燥粉砕・最後は米ぬか(食物繊維)を混ぜた粉末を作りました。

 

 この粉末をたとえば、お好みやたこ焼きの粉に混ぜる・みそ汁に混ぜる・振りかけのようにご飯にかける・面倒なのでコーヒーに混ぜるなどして様子見をしたいと思います。

 

 !~2か月後には糖尿病に大いに効果が出て、「ノーベル賞」物の大発見があるかもしれません大いに期待してください。

 

 『アホカ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 関心図書 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
年始最初の「関心」図書

男と女の感性の違いを判らせてくれる本

 

 

 新年あけましておめでとうございます。

 

 年末に読み溜めようと、図書館に行けば新刊本の欄に気になる見出しを発見しました。「妻の地雷を踏まない本」いつも妻から怒りを爆発させられている私としては,大いに関心があり借りることにしました。

 

 見出しだけで、なるほどと思われるものは30項目ほどありましたが、その見出しで自分を振り返るとあるあるとうなずける部分が結構ありました。いや結構あるのか、ほとんど当てはまるのかは正直、微妙なところです。

 

 これは30項目の中の、よくあるわが行動パターン。

 

1) 明らかに体調が悪い時「ご飯どうすると」聞いてくる。

2) ろくに人の話を聞いていない。

3) 気に入らないと黙り込むる

4) 的外れなプレゼント。

 

 

 私がこの本から学ぼうとしているのは、妻がこの時どう考えていて私はどう考えていたかという事を解き明かすことによって、できるだけもめ事を回避しようとしているのですが、そのことが良いのか悪いのか。???????  

 

 一つ目のが明らかに体調が悪い時に、「めしどうする」と言って地雷が爆発するパターンです。

 

 妻の言い分・・・・ こんな時にまで私に食事を準備させるつもりか?  「食事の心配より私の体の心配」せんか。

 

 夫の言い分・・・・いやいや食事を作ってもらおうと思って言ったわけではない。単にどうするか聞いただけだ。物を買ってくる  

のか、外に食べに行くのか、その判断を仰いだだけや。

 

 二つ目の妻の言い分、どうして私の話をちゃんと聞いていないのと地雷を爆発させることです。

 

 妻の言い分・・・今私が何といったかもう一遍話してみて。

 

 夫の言い分・・・そんな細かい事を一語一句間違えずには言われへん。男の頭の回路は、大まかには捉えているが細かくは考えて  

いない。

 

 三つ目の言い分、言い争いになった時あんたはいつも無口になって自分の殻に閉じこもってしまう。

 

 妻の言い分・・・私が心の中で思っていることを話していても解ろうとしてくれない。

 

 夫の言い分・・・話をしていても最後は僕に対する不平不満のはけ口になっているので聞きたくない。

 

 四つ目の言い分、誕生日のプレゼントが私の思いとかけ離れている。

 

 妻の言い分・・・私の欲しい物を分かっていない、日頃私に関心を払っていないからだ。

 

 夫の言い分・・・何回も怒られて、嫁はんの堀しい物はもう分らんから、仕方なしに現金を渡すようになってしもうた。

 

 

 最後の結論は、この答えがすべてではありえませんが、女性は「感情的な動物で」男性は「理性的な動物」という事が言えるかと思います。女性は、一つのことを理解してもらうために言葉を尽くして(何時間掛かろうと)説明しょうとしますが、男性はいかに端的に短く理解してもらえるかと言う風に説明します。

 そのものの捉え方の違いが意思の疎通の邪魔をしているように思います。考え方の違いがあっても根気よく話し合う(喧嘩になっても)理解しあう、特に男性は口数で負けようが言い負かされようが辛抱強く話し合うという事が必要かと思います。

 

 「他人事のように言うな」そんなんやから嫁はんに怒られるのやないか。ホンマやな反省。!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 関心図書 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ちゃらんぽらんでも思う事

 わが小屋での今年の初雪です

 

 

この雪のように何もかも真っ白な新年を迎えたいものです

 

 

 

  私はブログを掘立小屋で打っています。そういう事でこのブログが今年最後になります。その日にこの雪ですホンマビックリです。

 

 今私はシャンソン教室を辞めて、歌声などでみんなと好きな歌を歌っています。その中で最近歌を聞いて、いいなと思った歌は、「最後だとわかっていたなら」でした。メロデーと言うよりやはりそこに書かれている詩ですかね。

 

 私自身は先のブログでも書きましたように、チャランポラン・ええ加減・投げやり・もう無いわ・の人生を謳歌しているわけです。

 

 

誰の顔やええ加減の顔か

 

 そんな私でも、一方の心の中ではこの歌の題でもある「最後だとわかっていたなら」等の詩を聞くと感傷的になるのです。

 

 刹那的と言うか「一期一会」瞬間を、大事に生きようみたいなことを考えるわけです。長続きしません結果的にはダラダラとええ加減な生活を送ってしまうのですが。でも瞬時的にはと言うか時には「こうしてあげたらよかったのに」などと思う今日この頃です。

 

 誰に思うねン・誰や「しつこく聞くな誰でもええがな」

 

 いつものええ加減な話はこれくらいにして、今年も色々ありましたがボチボチ行ってください。

 

 皆様良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
軽トラ潰れて次の中古車

 

斜め前からの写真ですダイハツイース

 

 

  後姿のダイハツイースです

 

 

 わが愛しき軽トラが車検で「高額医療」になりました。

 

 なんと車検代17万円この金額にビビり廃車にすることにしました。そして買ったのがダイハツのイースと言うこの車です。なんや軽トラとちゃうやんけと思われると思いますが、今軽トラはすごく高いらしいのです。

 

 仕方なく軽乗用車(ダイハツイース)にしてうちの嫁に乗ってもらうことにしました。この車は車体が低くスピードが出ますそして燃費も良いみたいです。嫁は車体が低くて乗るとき頭打つと言ってぼやいています。

 

 私はというと、今まで嫁が乗っていたスズキのワゴンRをアルバイト用の作業車として使用することとしました。

 

 

 

車内フロント部分のイースです

 

 

 ワゴンRはこれまでの軽トラックと違って、乱雑に物は乗せられませんし大量に積み上げることもできませんので、その車に見合ったアルバイト(作業)を今後はしていこうと思っています。無理がでけへん車・歳になったという事です。

 

 こんなアルバイターですがこれからも皆さんよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
生きがいとは何か

わが敷地に咲く野の花

                                                        
 

 仕事を辞めて早12年になろうとしています。

 

 今年は私の干支猪で・私は来年の3月25日で72歳になります。50歳の時に篠山の山すそを買い、自分でその山裾に植えていた杉・檜を伐採して、山裾をユンボで削り山裾の伐採した杉ヒノキを材料に、掘立小屋や陶芸小屋を建てて来ました。

 

 

 

これは私の顔か間の抜けた鬼か

 

 

 振り返ってみればすでに2昔前22年がたっているのです。「私の座右の銘は・金持ちではなく時間持ち」で、金金の生活ではなく時間をたっぷり持った、悠々自適の生活を目指すことでした。

 

 ところが思いとは裏腹に「金にしがみつき」金を求める行為ばかりが目立ちます。アルバイト等したいことをするには少しのお金が必要です。との言い訳を言いながら「面目ない」ことです。

 

 天に向かって自分ではいた言葉が、いまは自分に降りかかっています。「汚れた唾のように」

 

 

天に向かって唾した男

 

 

天の汚れた唾が掛かった男

 

 

 「お金持ちより・時間持ち」と言う言葉は、よく考えれば世間というものに対して、見栄や世間体など肩ひじ張ってエエ・カッコした言葉だったのだと思います。

 

 篠山の山の中で誰に遠慮することもなく生きている今、世間体を気にすることはほとんどありません。、気にするのは嫁はんだけです。そういう意味では有りのままに自分の我欲をさらけ出して生きていると言えます。

 

 そうですささやかであっても、「豊か」な僕の人生でありたい。「やっぱりお前の願望か」!!!!!!!!

 

 


木々の隙間から世間という町が垣間見れる山

 

 

マッタケと猪・シカしかいない唯の山

 

 

 言葉としていは色色云う事はありますが、本音の部分で飾らずに言えば、「人生なるようになるさ」今の自分そのままが一番生きるのにしんどくなくていいかなと思います。

 

 「それに俺って・そんなにいい加減で生きてないし」いつものように言い訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM