10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
知足谷の村々

                  知足谷では一番奥の丸山集落

 

 

  私が住む知足谷の鷲尾集落は、篠山市中心部から2.5キロほどの近さである。知足谷という地名は地図上にはありません。それではなぜそのことが分かったのかというと、私が自分の所有地する山の木を使って掘立小屋を建てましたが、その時に引いた電柱に知足谷というプレートが貼ってあったのです。「ここは知足谷と言うのか」と言うのが私の最初の印象でした。

 

 この知足谷には、入り口側から、佐倉・大谷・鷲尾・知足・丸山と言う5つの集落があります。

 一番有名なのが谷の最奥にある丸山です。ここは現在5件程度で「限界集落」(村を維持するのは無理・限界である)と言われています。ですがそれを逆手に取って「農家民宿」を運営して篠山では有名になっています。 

 

 またこの丸山のその一番奥に、ミシュランで1つ星を取った蕎麦屋「ろあん松田」や、フランス料理店「ひわの蔵」などもあり、篠山の奥座敷としていま売り出し中なのです。

 

 

  ミシュラン1つ星のそばや・ろあん松田

 

 

      フランス料理「ひわの蔵」  

 

 

         同じく奥から2番目の谷の名前の由来となった知足集落

 

 

 知足谷と命名されたと思われる集落が、奥から二つ目の知足集落です。私は「知足」を「知が足りない」と読み大変「差別的な地名」であると最初は感じました。

 

 

             奥の知足集落側からわが掘立小屋を写す

 

 

 そこで、勇気をもって知足の小谷さんと言う友達に、そのことを聞いてみました。

 その人は「田中さんあんたの読み方が違う」と言われました。

 どう違うのか。

 漢文では、後ろから読む読み方がある。

 例えば。「知足」。前から読めば集落の名である知足(ちそく)

 漢文で読めば「足知」(そくち)嚙み砕けば「足るを知る」

 

 私にとっては、目からうろこが落ちた程度ではなく「青天の霹靂」でした。そして自分の知識のなさを恥じました。

 

 聞いてよかった。間違ったままでいつまでも「もやもやしたもの」「間違った考え」を持たなくてよかったと思います。

 この知足と言う集落の名前は、昔この集落の上の山に「禅寺」がありその教えから、知足とつけられたようです。いつの時代かは知りませんが、その禅寺はその後、京都に行ったのだと聞きました。

 

 現在で京都の禅寺「竜安寺」の蹲(つくばい)に「吾唯足知」とあるのが有名です。

 これの意味は「我ただ足るを知る」

 

 自分に何が必要なのか、そのことを知っている人がどれほどいるのか。

 知りたいとは思いますが、私も知りません。

 この事が解れば自分には何があれば足りるのかという事も解るのだろうと思います。

 

 知足の次の集落が鷲尾の集落です。

 

   この鷲尾と言う名は源平合戦で源義経に従い、須磨の浦一の谷への逆落としの道案内に立ったのが鷲尾三郎義久であったと言われています。その屋敷跡がいまでも鷲尾集落の山麓にあります。

 

 また篠山城築城のおり、その石垣を切り出した採石場も鷲尾にあったと言われているらしいです。 

 


            谷入り口から3番目私が活動している鷲尾の集落です私の小屋は右側

 

 

 

 鷲尾三郎義久のいわれを書いた石碑とプレート

 

   

           鷲尾三郎義久の屋敷跡と石碑とプレート

 

 

 その次が大谷です。谷入り口から2番目右側に集落はあります。いつも小学校の子供たち5人ほどが集団登校しているのと、私は小屋への出勤時に出会います。

 

 ほのぼのしていますね。

 

 

      知足谷の奥に向かって道路右側にある大谷集落

 

 

  知足谷入り口左側にある集落佐倉です。とらさんの「さくら」ではありませんが、さくらと言う響きはなぜかホッとするものがあります。

 

 寅さんになって「さくらお兄ちゃんだよ」 などと言ってみたくなります。

 

 そしてなぜか八重「桜」が咲いているのです。

 

 

             八重桜が満開の佐倉の集落

 

 

   ABCマラソンの通り道、鳳鳴高校横「三嶽食堂」の左側の道県道544号線を入っていくと、佐倉の集落に入る前に大賈神社(おおひるめ)があります。

 

 

                 大賈神社(おおひるめ)

 

 

 ここが知足谷の入り口です。「足るを知る世界」にどうぞ足を踏み込んでください。私はまだその世界に到達せず属世界の金銭欲にどっぷりつかって、おぼれていますが。

 

 これから、「足るを知る」という哲学的な課題に到達できるよう、あがいてみたいと思います。アデヨス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 篠山写真 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
石仏彫刻家か陶芸家か
 
    いつ潰れても良いような長屋門になになに?



古い屋敷の門の隅に置いているドキッとするような素焼きの裸像

 篠山に来て18年になりますが、このような変わった造形物に会うのは初めてです。

 私も「陶芸家」?らしからず、ツリーハウス作りや、木工・農業・日本蜜蜂飼育など、いろいろなことをしていますので、あまり人の事は言えないのですが、ここの住人も私に負けず変わり者だと思われます。まあ変わっていますわな~。



    裏に回りますと平屋の隠居所らしき新築住宅



   その周辺にも素焼きの裸像が何点かおかれています

 素焼きの裸像が屋敷を取り囲む家。これだけを見ていると変わった陶芸家かなと思うのです。
 
 もう少し畑の方に移動してみますと、なんと石造の彫刻物が、芝の広場に3体ずどんと道端に立っているのです。



         裸像の石像三体


 どうですこれ。変わってまっしゃろどんな芸術家の住いやら。篠山の変わったモンの報告でした。









 
| 篠山写真 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
冬眠中の雪嬉しい
  いつもより雪が多く少しかっこいいツリーハウスです

 
 冬眠中の私に、またまたおあつらえの雪が今回は本格的に降りました。15センチは積もったでしょうか。雪が降って小屋を囲ってくれると案外暖かいのです。だから歓迎です。

「​ 雪よ降れ私の心にも!!」。歌の台詞とはちょっと違ったですかね。ほんとは「雪が降るあなたは来ない」でしたか。???
 
 
 
      いつもと変わらずのストーブの煙 
 
 
   このサル除けの網にびっしりと乗るほどの雪です
 今回は、篠山で暮らしていてちょっと変わった建物などを写してみました。

 
    斬新なデザインで暖かさを感じさせる家

 
 壁は薄い黄色で、壁がストレートでなく円形でとっても優しい雰囲気を持った建物です。なんか壁が藁の束を重ねた、ストローハウスのような雰囲気でした。

 
       斬新な倉庫のような建物

 
 集落のどん詰まりにあり、なんだかモダンな秘密基地・隠里の倉庫兼自宅のような建物です。ちょっと近寄ったら危ないのではないかという雰囲気を醸し出しています。

 
      モダンアートのような建物

 
 この建物の左横には、これぞ篠山のかやぶき屋根といえるほど古びた家があります。その横にモダンなこの建物があるので、余計に目立つ存在でした。ここの人の手作りなのだと思います。
| 篠山写真 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
新しい年は雪が多いですね
わが小屋の冬景色です。

 
笛吹童子になって雪また雪の小屋で遊んでいます。

  

 ブログの文章も気力が充実していないとかけません。
 今回は雪雪雪で心が凍てついているのか文章は省いて写真での報告にします。
 悪しからずです。



      上水道前の魔法使いの村もこの通り  


           わが小屋の外回りの通路


  やりかけのツリーハウスに雪が積もるツリーハウス上部


    ツリーハウスえの渡り廊下


    ツリーハウスからわが作陶小屋の景色


      わが小屋と前の田んぼと向かいの山


       浦島草(ヘビクサ)


    屋根があってもこの通りツリーテラスに吹き込んで積もった雪


 ツリーハウスのテラスとそこに上がるための階段(ハシゴ)


     山の階段は春には苔が見えて綺麗です


    わが小屋の薪ストーブの煙です暖かいですね

 今年はわが小屋は雪・雪・雪・です。

 外は寒くてあまり仕事をしょうという気持ちが湧いてきません。根がズボラなもので。

 仕方がないので昔作った塩ビ管の尺八や、最近買ったケルト笛を吹く練習などして遊んでいます。出来たら一曲皆さんに聞かせることができるように、頑張りたいとは思っています。今はまだ「メリさんの羊」ぐらいです。




 
| 篠山写真 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM