10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
何年振りかの陶芸作品(作品と言えるかどうか?)

       畑の前のカキツバタが咲き揃いました

 

 

 私自身が粘土に触って焼くのは何年振りでしょうか、今ブログを読み返しています。2015年の10月以来の陶芸みたいです。

 

 2年7月ぶりでした。長かったなー。だからと言って、これからバリバリ陶芸に励むかどうかは分かりません。

 

 

 あまり期待しないように。「誰一人期待しておりません」そうでしょうね。(本人納得)

 

 

 

   2年以上ほったらかしの埃だらけの電気窯の部屋

 

 

      電気窯のシ―サー3体とコップ3個

 

 

 シーサーに釉薬を掛けようとしたら、釉薬が乾燥してカバカバ、水を入れて撹拌しなければ釉薬掛けも出来ませんでした。

 

 外に置いていた釉薬もこけていたり、蓋が飛んで落ち葉やボウフラが発生したり藻が生えていたりと大変です。この釉薬置き場は手を入れたいと思っております。「何ぼなんでもやんか・ホンマ」。

 

 

              外に置いていた釉薬の床が腐りこんな状況に

 

 

     蓋が飛び釉薬に雨が入り木の葉や藻までも

 

 

 この現状をこれまでも見ていたのですが、いざ陶芸をやろうとしてこの現状を見ると、自分自身がどれほど心が荒れていた(無関心?ちょっと違うな)のかなと思います。何がきっかけで陶芸やめたんやったかな。??? 色々あるんやったかな。

 

 

 

            これは猿ですシーサーでも私ではありません

 

 

   信楽白に釉薬掛けのシーサーです(このボケ顔はボクかな)

 

 

    私のシーサーは創作シーサーですそれでもシーサーと分かってくれています

 

 

    信楽赤土に色粘土を塗りつけたシーサー

 

 

      信楽赤土に色粘土で色付けした焼き締め「パンパカバ」のシーサーです

 

 

 私の作品を見た方がいわれました。「小学3年生の作品やな」私はうれしいです。

 

 作品としては幼稚なのでしょうが「純粋なんです心が」。ただガサツな人間の「ガサツな作品」やと言うだけやろ。

 

 

      信楽白に色粘土で絵付け焼き締め一角獣のシーサー

 

 

    鼻の大きな2角獣のシーサー焼き締め作品

 

 

 最後にコップです。何時ものやっつけ仕事で作ったのですが、これからは少しゆっくり時間を掛けて作品と言えるものを作りたいと思っています。期待せずに待っていてください。

 

 

 

   信楽白に板作りのコップです白マット釉

 

 

    轆轤づくりのコーヒーカップ

 

 

信楽赤の板作りですが外の装飾に石の凸凹を付けました

 

 


  最後に集合写真です・2年7月振りの創作シーサー6体のそろい踏みです(左上は猿です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
シーサーを素焼きする

                    信楽赤土で焼いたシーサーと猿

 

 

 久しぶりの陶芸なんですが、私の性格は一つも変わっていませんので、ええ加減な作品になりそうです。信楽の赤土の作品は、釉薬を掛けずに焼き締めで行こうかと思っています。半磁器のシーサーは釉薬を掛けて遊んでみます。

 

 

 

       半磁器で焼いたシーサー達これは釉薬で色付けします

 

 

 このシーサー以外にも少し皿やコップも焼きました。すこしやるきがでてきたかな。?????

 

 

 

              半磁器で素焼きした 皿とコップです

 

 

 陶芸活動は、1年以上休んでいたのでスロースタートになるかと思っています。期待しないで待っていてください。

 

 「誰も待ってへん」「そんなん・そんなん言わんと待ってて」そうです期待しないで待っててください。

 

 

             知足の屋敷跡の椿

 

 

            集落丸山の三俣の花

 

 

           丸山に向かう路傍に藪のようになってボケの花

 

 

 

  わが心にも花が咲く。「どこかで聞いたようなフレーズ」??????? 「ごちゃごちゃ言うな」

 

 

 

 

 

 

 

 

| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
陶芸の春ですシーサーです

             私のシーサーはボーとした「あほ顔」です

 

 

 どのぐらい陶芸から遠ざかっていたかな? 1年ぐらいかな。(後で調べてみます・調べた結果会員の作品一昨年1月でしたわたしは? )何だか知らないが、がぜんやる気が出て来ました.躁鬱の躁の状態かな。

 

 これが果して良い事なんかどうかは私にはわかりません。

 

 まあやる気が出てきたのは良い事だと思うことにします。アハハハ。

 

 そういう事で沖縄のシーサーを作ってみました。いつものように小学3年生並みの作品です。 なんでシーサーが舌を出してんのんか判らん。

 

 

             仏像風のシーサー

 

 

            つの一角のシーサー

 

 
 

       赤土で作ったシーサー

 

 

           白土で作った一角のシーサー

 

 

          白土で作ったつの二角のシーサー

 

 

       シーサーの勢揃い真ん中は猿ですシーサーではありません

 

 

 これは紙粘土ではなく、陶芸用の粘土で作りましたので、素焼きをして色付けをしたのち本焼きをしたいと思っています。

 

 どんなのが出来あがりますやら。

 

 こうご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
新作のコーヒーカップと植木鉢
 少しお休みしていた、私の陶芸作品です。昨年手作り市で突風にあおられ、私のコーヒーカップのほとんどを割ってしまいました。

 それがもとで、やる気をなくして手作り市もお休みしていましたが、手作りの「友達が恋しい・陶芸をしたい」などで、一年の休眠ののち、手作り市に再出店することにしました。それでもコーヒーカップは出していませんでしたが、やっぱり僕はコーヒーカップが売りであると、ある時・きずきました。(ない時・はしょぼんとして居ます)
 コーヒーカップの展示棚は風でこけないように改造し、80個のコーヒーカップ一挙展示で、またまた皆さんの度肝を抜きます。よろしく。

 

    一段目は頼まれていたそば用小皿の四連小鉢です



    二段目は植木鉢にコーヒーカップと小皿です 



  三段目も頼まれていた植木鉢とコーヒーカップです



          マロン釉薬



         取ってが変わったふじ色釉薬



     信楽の赤土に茶壺青のコーヒーカップ



    信楽の赤土にしのぎを削って黒化粧掛け


 これからは、もっと変わり種のコーヒーカップを作っていきたいと思います。


 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
シーサーと招き猫がだめならコーヒーカップがあるさ
 


 前回の手作り市では、売れると思っていたシーサーや招き猫は空振りでした。その時のお客さんで「2年前にコーヒーカップを買ったんですけど、今回は出してないみたいですね」と、声が掛かりました。2年前とはだいぶ古い話ですが、なんせ作品があんまり売れてないもんで、今度は「これで行こか」とひらめきました。


  コーヒーカップを展示していたこれまでの枡形棚

 コーヒーカップは80個を並べた枡形展示の時、風で倒れて嫌気をさしてその展示方法はやめていました。と言うかそれ以降手作り市も一年近く休んでいました。その展示方法の時は、よく見てくれていたことは確かでした。



     今回焼いた備前のコーヒーカップと植木鉢


ギャラリー「恵山」から頼まれた四個つらなった小鉢赤土に白化粧

 
  まねき猫の本焼きのしのこしと恵山で頼まれていた備前の箸置き


 あれがだめなら、「これで行け」と何時もの感じで、今回80個並べた方式で行くことにしました。ただ倒れて60個ほど割ってしまいましたので、倒れないように展示棚の改良と、コーヒーカップの制作に追われています。
 次の手作り市に間に合うのか「ちょっと大変です」が。私の事ですから、まあーそれでもボチボチ行きます。



     備前の土で焼き締めました


    同じく備前の土に白化粧を掛けました


       備前の土に黒化粧を掛けました


   信楽赤土に色化粧掛けのコーヒーカップ


     備前の土に空色化粧度を掛けました

 親友から依頼されたちょっと変わった苔鉢です。


      苔をのせる植木鉢にするそうです


    ギャラリー「恵山」から依頼された連なる小鉢


    横から見るとこんな感じです


     前回売れなかった招き猫の焼けなかった「子」です


    これも売れなかったシーサーの焼けなかった「子」です



 8月暑いさなかですが熱中症にも負けず、頑張ってコーヒーカップを売るぞ。 おー







 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
シーサー・家こんな感じで焼けました
 前回粘土の状態で、私の陶芸作品をブログに載せましたが、それが一部焼けましたのでブログで報告します。こんな感じです。
 今回の作品は釉薬掛けを行っていません。色粘土で色付けをしています。


     ひょうきんなシーサー


        少しおしゃれに作ったシーサー


   どうですこの誇らしげなシーサー顔


        これは一応鬼です

 重たい文鎮の家も良い感じで焼けました。この文鎮代わりになる「つながった家」より、その削りかすで作った、小さな家の方が味があって面白く思っています。


        教会を中心に文鎮型の家々とビル群


     どの家々も一応教会を中心に据えています


        良いじゃないか


 削りかすで作った、変形した建物群ですが私は、味があっていいと思っています。写真では大きく写ていますがすべて手のひらに収まるサイズです。



    何とも味のある家々ではありませんか


    アジアの潰れかけた家と言う感じです


  良いじゃないですかキノコ型


    家の上に家と言う感じですかね


        凱旋門の中に家


ヨーロッパの潰れかけたビルと言う感じかな



         いいねえこの家も














 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
猫・シーサー・家に凝っています



    まだ乾燥中の猫たちです猫に見えないやつもひょっとするといるかも



      シーサー群ですが一つ鬼も入っています



   ここまで多くなると一つの街になっていますね     


  最近の私の作品傾向は、コーヒーカップや小皿や山野草の植木鉢などから、シーサー・猫・家や街かとなどの作品群になってきています。作品自体がざっくりした(雑)作りは同じなのですが、傾向が少し変わったみたいです。今までの作りに飽きてきたのかもしれません。



     ちょっと変わったバイキングのカップみたいなものを作りました



           今回焼いた作品群です


     何時ものお地蔵さんです



  焼き直しの足つきこひーカップ



   薪窯で焼いたコップの焼き直しです



  色がもう一つのコーヒーカップ群



 薄い板で二枚位の街並みを作り張り合わせています少しアールを付けています



  薄い板で立たないのでアールを付けています



  切り取った時の余った屑の粘土で歪んだ家々を作りました私は好きです



      重たい文鎮兼用の家なみです



        教会シリーズ三部作です


 最新の作品群です。
 素焼き前の粘土で乾燥中の作品です。まだ乾いていないものもありますので、少し見にくいかもしれませんがご覧ください。



     豪華絢爛のねこショーの始まりです



  高さが30センチほどもある大きな猫です



かわいさを強調したのですが少しドラえもんに似ているかな 



      胸に鈴をつけた猫です



          両手招き猫にしています



  少し派手にしてみました猫捄もつけて



     こいつ犬とちゃうかこれでもネコか



    どんだけおしゃれしとんねん気持ち悪いわ



     一応猫です少し男前かな


 ここからはシーサーです。シーサーの「ヒーハー」?????と唸る番です。これは見ている人が吃驚してあげた雄叫びです。



    「ヒーハー」といいたいシーサー群です



  一番最初はいちばんの美人シーサーです薔薇柄が似合いますね



        男らしいシーサーです



 ちょっと怖いにやけたおっさんと言う感じですかね



  沖縄の王子みたいな威厳のある眉毛(王冠と間違うは)



    この笑顔が何とも言えずいいですね



            とぼけた顔のシーサーはこれは俺の顔か??


 
  けったいな奴やなバットもって「チヤウ金棒や」ほな鬼か


 これはもう街としか言いようのない家々です。これを写していて思ったのですが、今まで作った家々を並べて大きな街を作ってみようかと思っています、総観でしょうね。「そんなに家が、ぎょうさん残ってるということは売れてないということか」



      ここまで揃うと家と言うよりは街ですね



  削りかすで作る家がなかなかユニークで面白い 



 どうですおもろいでしょうどんな型になるか想像できん



  重たい粘土のかたまりの街並みです



   表だけでなく裏も描いています中心には教会が



   これなんか教会の高さが出ていて面白いと思います








 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
猫・シーサー人物・等の私の作品
 前回までは、文鎮のような重い家シリーズでした。今回は、ネコとシーサーと人物人形です。いつもの様に、あまり変わり映えはありませんが、植木鉢も今までとは少し趣を変えてみました。



  今までとはちょっと違う猫



         六匹の猫のそろい踏み

 これは取ってが猫のコーヒーカップですが、小さいながらも肉球を付けています。これは、手作り市のお客さんからの要望ですが、果たして買ってくれるかどうか疑問です。



 取ってが猫のしっぽになっています


     同じ猫シリーズのバージョンアップグループです 


 次は頑張って作っているシーサーです。これまでより少し大きく作っています。

 
       信楽の赤土の焼き締めです



   何時もの事ですがあほ顔をです



       珍しく対のシーサーです
 

 人物人形ですがモデルは誰かと言われたら、「その辺にいるおっちゃんです」と答えます。



    その辺にいるおっちゃんパート1



     その辺にいるおっちゃんパート2 


 ちょっと変わった植木鉢たちです。



  豚の植木鉢ふちにガラスを入れています



    植木鉢の外側がお城になっています

 

    崖のように勾配のある植木鉢




 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
重たい文鎮の家シリーズです
 この間長男の子供「岳虎」が遊びに来ました。私にとっては孫ですが、雪が珍しいという事なので「雪だるま」など作って遊びました。



     わが長男「心」の長男「岳虎」


 自分の畑で採れた作物で、最近作った昼のおかずです。




自家製のコンニャクイモで作ったコンニャクの糸コン



    昨年の残りの小芋を茹でて皮をむく



     コンニャクと小芋の炊き合わせ


 みりんと本ダシと醤油で味付けはしましたが「味は」どうだったかなど。「失礼なこと」は聞かないでください。「まずい」に決まっているではありませんか。

 それではボチボチ、本題です。



        電気窯の中の作品たちです



  篠山市内の池の粘土と信楽の白を混ぜました



     文鎮の家です思いは「アメリカ西部の古家」がイメージです



文鎮にはなりませんので机の賑やかしです



          小物の家たちです



かわいいでしょうどこの窓にも置けそうです



   文鎮が割れましたそう云う事で「半文鎮」???



  直径4センチ程度の一輪挿しです


 こんなん作って遊んでいます。まだ頭は冬眠中という事です。
 それではまた。アデヨス。















 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
焼き締めの家々家
 家々家の作品群です。信楽の赤土と、篠山市内の沼からとってきた粘土で焼き締めてみました。白っぽいほうが信楽の赤土で、濃い赤土のほうが私が沼から掘り上げた粘土です。



    しがらき赤土に色粘土を塗って焼き締めた街並みの家々です



  篠山の沼で掘り出した粘土で焼き締めた街並みの家です



         一戸建ての小さな家々です



この家は磁気粘土に屋根には織部を塗りました



       篠山の沼粘土で焼き締めた少し大きめの家



          篠山の沼粘土で焼き締めた教会のある街並み  



     篠山の沼粘土で焼き締めた前二つは右に傾いた家々



   手前二つは少し円形になった家々


 
      どこかに在るような城の壁掛けです


 家シリーズ以外の私の作品です。穴窯で焼いたのですが、温度が上がりきらず生焼けになった作品を、改めて電気釜で焼き直しました。


     直径30センチ高さ35センチ程度の壺です


 山の恵み
 時期が来たというのになかなか顔を出さなかった、シイタケもやっと顔を出してきました。嬉しいことです。



    一本のコナラに鈴なりになった椎茸



      肉厚の椎茸です











 
| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM