10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
日本蜜蜂わが小屋に帰ってきてくれる

日本ミツバチが分蜂して我が巣箱に入る

 

 

一群れ5000匹ぐらいですかね

 

 

 わが小屋の敷地内(700坪)には、10個の日本蜜蜂用の巣箱があります。

 

 昨年は2つの巣箱にミツバチが入ってくれました。ただ日本ミツバチは生活力が旺盛で気に入らなければプイと巣を放棄して違う巣を作ってしまいます。

 

 そうなんです我が蜜蜂も二つとも昨年出て行ってしまいました。残念。その点西洋ミツバチは、一度入った巣箱を出ることはないらしいです。

 

 残念に思っていたのですが、我が掘立小屋のテラスの巣箱にまた帰ってきてくれました。そして日を置かずにわが奥の院の敷地奥の巣箱にももう一群れ帰って来てくれました。

 

 ありがとう。無神論者ですが、こういう時だけ「神に祈ります」「ホンマええ加減なやっちゃなー」

 

 

分蜂してすぐだったので下の基礎部分にも蜂が固まっている

 

 

 

 いつまた出ていくかは分かりませんが、現在は日本ミツバチの巣が、2つわが小屋の敷地内にはあるという事になります。

 

 今は素直に嬉しいです。「日本蜜蜂さんありがとう」

 

 残りの8つの巣箱にもミツバチが入ってくれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 木工日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
廃材で椅子付きテーブルを作ってみました

 

        廃材で作った椅子付きテーブル

 

 

 この間、アルバイトでテラスの解体処分を頼まれました。少しマシな廃材があったので、それを使った椅子付きテーブルを頼まれたので作ってみました。

 

 かかった時間は4時間。材料費は廃材なのでただです。僕のアルバイト代としては4時間円分という事になります。廃材を電気カンナで削って、寸法切りしてインパクトドライバーで組み立てるという、いわゆる「日曜大工」です。

 

 パラソルを付けると様になりますね。

 

 

 

                        パラソルを取り付けた椅子テーブル一体型(テーブル)

 

 

 こんな木工作成も私のアルバイトです。私のモットウは、素人の手作業「プロの出来栄えでなく時間は早いが出来栄えはちょっと雑」、仕方がないですね、それで良ければアルバイトOKです。

 

 今後ともよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 木工日記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
春なのにやる気が出ない

         散歩道にある集落丸山の休憩所


 何時もの事ですが、春なのに気力がわきません。陶芸などはここ半年ほど触っていません。そしたら日頃何をしているのかって????最近では健康志向で、わが小屋の前の県道544号線の終着点の丸山まで、歩いたり自転車で行ったりしてい.るのかな。

  それ以外では、なぜだか竹トンボなどを作っています。孫が遊びに来たらあげようと思って。「ホンマかいな。」



       散歩道にある丸山集落の桜です



   丸山の奥にある篠山市の水源地から出ている滝です


 私がやる気を無くそうがダラダラしようが、そんなことはお構いなく春はやって来ます。三寒四温と言っても、知らぬ間にやってくるのです。

 春が来れば、畑仕事が待ってくれません。私の尻を叩いて、ダラダラしている私を、急かすのです。「やれねぎを植えて、サトイモもヤマトイモも植えなければ、イチゴのマルチを取り払い、コンニャク芋も植える用意をしなければ」等と。

 こうして私の背中が「春の野郎に」押されて、いつもの様にせわしない季節がやってくるのです。冬の冬眠から目覚めた熊みたいです。いや僕の場合カエルかもしれない。寝てる最中に耕耘機で起こされるのです。無理やり起こされるので、まだまだ本当に覚醒したとは言えません。



       つくしが出て来ました



        ゼンマイも出て来ました



                  ムスカリの群生です



          黄色の水洗です



           白い水仙です

 都会にいると季節が分かりません。暑さ寒さがあるやないかといいますが、それとても外にいる間で、室内にいれば冷暖房で一年中快適な温度です。

 田舎もそれに近い所もありますが、私の住んでるところは冬は家の中でも氷点下ですし、一歩外に出れば季節を感じる自然がいっぱいです。こんな良いところに住んでんのに、なんでやる気が出ないのか自分でも不思議です。「単なる怠け者」なのでしょう。



       出来あがった竹トンボです



        竹トンボの材料です



      竹トンボを作るための道具類です


 自分でも思います。「なんで竹トンボ」しかし竹トンボなんです。

 作り始めると何十本と作りました。大きさも、羽の長さが30センチもあるものも作、手では飛ばせることができませんでした。回したとたん落下するのです。

 私が作った中で最大は翅の長さが26センチでした。一応4メートルほどは飛び上がります。一番上に上がるのは12センチの長さの羽でした。高さは7メートルほどでしたか。なんでも程々ですね。

 仕方がないので冬眠から覚めることにします。嗚呼ねむた。!!!!!!!!!




 
| 木工日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
小物置きの台作成と頂き物の「亀の手」



 
          玄関を飾る今年の苔盆栽


 妻から言われていた、小物置きの台を作成しました。

 私自身、返事は軽いのですが行動は重い性質で、いつも妻から出来上がったころには「あんまり遅いからもう忘れとったわ」といわれる始末。

 そうならないように今回は頑張りました。大層に頑張るほどの物ではないのですが。 


            小物置きの台


 わが田舎暮らしの師匠、森本さんが、日本海の舞鶴まで行って魚が釣れないので仕方なく「カメの手」を取ってきました。

 転んでもただ起きない人です。ほんまに尊敬しますわ。

 皆さんにはカメの手と言ってもあまり解らないかもしれませんが、外海の波打ち際に岩の間に塊になって、へばりついています。波が打ち寄せているときに、海藻のような触手をだし海水のプランクトンなんかを捕食する生物です。

 そんなもの食べられるのかと皆さんは思うかもしれませんが、酒の肴にはなかなか行けるのです。よく海では磯物と言って巻貝やサザエなどは食べますが、一般的にはあまりカメの手までは食べないようです。



             塩ゆでしたカメの手を沢山頂く



海水に没すれば固い爪の部分が開き触手を出しプランクトンを捕食します



     岩にへばりついていた袴の部分を取り除いた身の部分



       その時のことを楽しく語るわが師匠



 師匠有難う、美味しく頂きました。
| 木工日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM