11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 穴窯の作品を焼直す | main | 世界の城シリーズ >>
ENTRY TOP
ツリーハウス作りパート2

 ツリーハウス作りに必要な、転落防止用の安全装置です。ロープについているのは登山用の治具です。上に押し上げれば上がりますが下には下がりません。作業は主にインパクトドライバーでビスどめで行っています。



        安全帯と登山用治具 

  
    インパクトドライバーとビスです


   最上部のツリーハウスです手すりと屋根が出来つつあります


     裏の山側から写す


      ツリーハウス真下から上を写す


いつも材料は渡り廊下でロープを結び上から引き揚げている


       引き上げるためのロープ


 上からロープでくくられた下の材料を見る


     ロープを引き上げた材料 

 材料を腕の力だけで引き上げるのですが、これがなかなか力が要ります。途中でロープが引っかかったり、手が滑りそうになったりと、大変ですがそれなりに頑張っています。
 

  ハンドののこぎりとインパクトドライバーとビスです


頂いた足場用の治具です必要なところに取り付けます


    ツリーハウスの屋根を板引きでつけています


  手すりを付けた状態での上からの景色左側(市内方面)


    同じく右側(知足・丸山方面)山の奥・岳山側

 
   ランダムなこの板葺の屋根かっこいいなー


どや「このええ加減さ」 何とも言えんな

 写真ばっかりやけど、今回はこのくらいで堪忍したるわ。

 ちょこちょこブログ見にけえへんかったら、えらい進んでるでー。





 
| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
1人で頑張ってますね(*^^*)
| 鶴見の猿 | 2014/07/16 10:09 AM |
頑張ってるやろ
| 彦 | 2014/07/29 11:34 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/244
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM