11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 来年のイチゴの苗植えつけ始める | main | 篠山掘立小屋冬支度パート2 >>
ENTRY TOP
冬に向けた雨対策の作業加速
 
   ツリーハウス上から取り付けた塩ビトタン写す


 わが小屋の冬の作業は、アウトドアーの作業は影を潜め、インドアの作業が中心になります。
  
   卑屈に縮み込んで薪ストーブをガンガン焚いて、ひたすら薪を消耗するのです。

 この暇な時間を利用して、いつもは出来ない「忙しくて」作業を暇に任せて行うのがわが小屋の何時もの行事です。今回は通路やテラスが雨で痛んできましたので、その上に塩ビ波板を取り付ける久々のアウトドアーの作業をしたいと思います。



   ​テラスにつながる通路城とテラスの塩ビ波板写す

 
 今やっているのは小屋の補修作業です。
   私たちは日々年を取っていきます。「私たち」だけではありませんね!!!みんなが等しく年を取るのですから。
   わが小屋も建てからかなりの年数がたつので老朽化して来て、あちこち痛んできました。そのたびに修理しているのですが、私自身だんだん年を取って来れば、作業が億劫になってきます、特に「高所などは」難しくなってきます。

 
  テラスに向かう通路上の塩ビ波板をのせています

 
 わが小屋の良いところは、テラスが小屋を取り巻いていることなのですが、そのテラスとそのテラスを結ぶ通路も、痛んできました。雨に当たって腐りが発生してきたからです。
 そういう事で、テラスや通路に雨が当たらないように、屋根を付けることにしました。
 一番大きなテラスは、ブルーシートを掛けていましたが、これも二年ごとの取り換えは大変なので、この際これも塩ビ波板を張ることにしました。

 
   入り口から奥のテラスに向かう通路上の波板
 

 塩ビ波板の中でも少し高級(長持ちする)なポリカという商品名で約10年持つと言われています。あんたは「そんなに長く生きられへんから、もったいないのと違う」とわが妻は言いますが、私は「死ぬまで生きる」つもりです。











 
| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/294
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM