11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< シイタケの原木栽培の種菌を植え付ける | main | 友遠方より来る >>
ENTRY TOP
春なのにやる気が出ない

         散歩道にある集落丸山の休憩所


 何時もの事ですが、春なのに気力がわきません。陶芸などはここ半年ほど触っていません。そしたら日頃何をしているのかって????最近では健康志向で、わが小屋の前の県道544号線の終着点の丸山まで、歩いたり自転車で行ったりしてい.るのかな。

  それ以外では、なぜだか竹トンボなどを作っています。孫が遊びに来たらあげようと思って。「ホンマかいな。」



       散歩道にある丸山集落の桜です



   丸山の奥にある篠山市の水源地から出ている滝です


 私がやる気を無くそうがダラダラしようが、そんなことはお構いなく春はやって来ます。三寒四温と言っても、知らぬ間にやってくるのです。

 春が来れば、畑仕事が待ってくれません。私の尻を叩いて、ダラダラしている私を、急かすのです。「やれねぎを植えて、サトイモもヤマトイモも植えなければ、イチゴのマルチを取り払い、コンニャク芋も植える用意をしなければ」等と。

 こうして私の背中が「春の野郎に」押されて、いつもの様にせわしない季節がやってくるのです。冬の冬眠から目覚めた熊みたいです。いや僕の場合カエルかもしれない。寝てる最中に耕耘機で起こされるのです。無理やり起こされるので、まだまだ本当に覚醒したとは言えません。



       つくしが出て来ました



        ゼンマイも出て来ました



                  ムスカリの群生です



          黄色の水洗です



           白い水仙です

 都会にいると季節が分かりません。暑さ寒さがあるやないかといいますが、それとても外にいる間で、室内にいれば冷暖房で一年中快適な温度です。

 田舎もそれに近い所もありますが、私の住んでるところは冬は家の中でも氷点下ですし、一歩外に出れば季節を感じる自然がいっぱいです。こんな良いところに住んでんのに、なんでやる気が出ないのか自分でも不思議です。「単なる怠け者」なのでしょう。



       出来あがった竹トンボです



        竹トンボの材料です



      竹トンボを作るための道具類です


 自分でも思います。「なんで竹トンボ」しかし竹トンボなんです。

 作り始めると何十本と作りました。大きさも、羽の長さが30センチもあるものも作、手では飛ばせることができませんでした。回したとたん落下するのです。

 私が作った中で最大は翅の長さが26センチでした。一応4メートルほどは飛び上がります。一番上に上がるのは12センチの長さの羽でした。高さは7メートルほどでしたか。なんでも程々ですね。

 仕方がないので冬眠から覚めることにします。嗚呼ねむた。!!!!!!!!!




 
| 木工日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/301
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM