11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 冬の穴籠りからそろそろ顔を出そうか | main | 健康のため葉物の野菜を多く植える >>
ENTRY TOP
陶芸の春ですシーサーです

             私のシーサーはボーとした「あほ顔」です

 

 

 どのぐらい陶芸から遠ざかっていたかな? 1年ぐらいかな。(後で調べてみます・調べた結果会員の作品一昨年1月でしたわたしは? )何だか知らないが、がぜんやる気が出て来ました.躁鬱の躁の状態かな。

 

 これが果して良い事なんかどうかは私にはわかりません。

 

 まあやる気が出てきたのは良い事だと思うことにします。アハハハ。

 

 そういう事で沖縄のシーサーを作ってみました。いつものように小学3年生並みの作品です。 なんでシーサーが舌を出してんのんか判らん。

 

 

             仏像風のシーサー

 

 

            つの一角のシーサー

 

 
 

       赤土で作ったシーサー

 

 

           白土で作った一角のシーサー

 

 

          白土で作ったつの二角のシーサー

 

 

       シーサーの勢揃い真ん中は猿ですシーサーではありません

 

 

 これは紙粘土ではなく、陶芸用の粘土で作りましたので、素焼きをして色付けをしたのち本焼きをしたいと思っています。

 

 どんなのが出来あがりますやら。

 

 こうご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 私の陶芸作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/382
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM