11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< けだるい初夏の一日 | main | 田んぼの中干しをしました >>
ENTRY TOP
わがツリーハウスの現状はいかに

     睡蓮の花が咲き始めました

 

 

        あまり傷んでいないように見えるわがツリーハウス大丈夫かいな

 

 

   昨年の台風で、我が掘立小屋の裏山は杉ヒノキが倒れ大変な状況になりました。

 

 倒れた杉ヒノキは、村の助けも借りて森林組合の手を借りて、一部大木については除去してもらいました。

 

 その他の倒木や、小屋に倒れていた杉の木などは私の仲間とともに除去しました。

 

 それからあまりツリーハウスには登っていなかったのですが、改めて被害状況の診断のため登りました。

 

 命がけです。!!!!!!!

 

 

          頂上15メートルのてっぺんのツリーハウスからの眺望です

 

 

        下のツリーハウスの屋根が台風で飛んでいます

 

 

  下のツリーハウスの登り口の屋根はりが折れています

 

 

  

     ツリーハウスをつなぐ階段部分のつなぎ目の留め金が折れる

 


       頂上ツリーハウスの二階部分の屋根バラバラ

 

 

           同じく2階の屋根がこのような状態

 

 

       いつ登っても気持ちいいですね鷲尾の集落と市街方面を見る

 

 

 下のツリーハウスから上のツリーハウスに向かう、渡りローカ(階段状)の杉の木と杉の木をつなぐ基礎(梁)部分が台風の風で揺すられて、ボルトが折れたりつなぎ目がちぎれたりと、、見えないところでの傷みがひどくありました。また渡りローカの階段部分が二枚腐って落ちかかっていました。そのほかの部分はどうなのかも含めて、まずここの修理をしなければ上のツリーハウスまで行けません。

 

 知らずに渡りローカにはいれば、落下して大けがでは済まないかもしれませんる。

 

 修理についてはどのぐらいかかるか分かりません。気長にボチボチやるつもりです。

 

 これからは,スカッとしたいときや、気持ちが落ち着かないときは「安全に気をつにけながら」登って昼寝でもしたいと思います。 

 

 やっぱり、篠山やな・ツリーハウスやな 15メートルの木の上からの景色は・そして風は・きもちが いいなー。最高や!!!!!!!!!!

 

 

 

         アザミも咲いています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/398
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM