11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 年始最初の「関心」図書 | main | 寒い時は思考も止まるみたい・それでも自転車散歩 >>
ENTRY TOP
自己流の糖尿病対策

イワシの煮干し・ゴボウの輪切り・乾燥シイタケ

 

 

 妻と二人で猪名川町のイオンに行ったとき、私は近くの猪名川町図書館にいつも行きます。

 

 そこで見つけたのが糖尿病予防関係の本です。気にしてないようで結構気にしています。「そんなに気にしてんのやったら対策きちっとせえ」と言われそうですが!!!!!!

 

 米ぬかがと言うか、植物繊維が糖分を吸着(あまり自信がありません)して血糖値を抑える機能があると出ていましたので、試そうと思いました。

 

  私にどれほどの効果が出るかは1月に1回血糖値(現在は2か月に1回)などを図りに病院に通っているので、その結果はある程度わかると思います。

 

 こうご期待です。

 

 海外の研究でも、食物繊維の多いシリアル(トウモロコシや穀類の総称)にフス(小麦の糠のようなもの)などを混ぜて食事をすれば、糖尿病の予防効果が高いという報告があります。

 

 一方日本では、ほうれい線の深い人はしわも多く、高血糖の人が多いとの報告もあります。この解消方法の一つとして、カルシュウムを吸収しやすく働くと言われている、ビタミンDが血糖値のリスクを下げるというデーターがあるらしいです。(カルシュウムとビタミンDの複合作用かもしれません)

 

 ビタミンDは紫外線を浴びると、皮膚で作られるらしいので散歩やジョギングも良いかもしれません。食物でビタミンDの多いの は魚と・きのこ類らしいです。特にキノコ類は乾燥させるとよいらしいです。

 

 食物繊維は、胃から小腸への移動時間を遅らせ消化・吸収を緩やかにします。また食物繊維を取ると満腹感が得られやすく食事の絶対量を減らせる効果もあるのではないでしょうか。

 

 腸内細菌のバランスが良くなるとも考えられているようです。

 

 

 

フードプロセッサーで粉砕

 

 

湿気が入らないように容器に収納(牛蒡・椎茸・入子・米ぬか)

 

 

 具体的には、ゴボウ(食物繊維)を乾燥させて粉砕・椎茸(ビタミンD )の乾燥粉砕・イリコ(カルシュウム)の乾燥粉砕・最後は米ぬか(食物繊維)を混ぜた粉末を作りました。

 

 この粉末をたとえば、お好みやたこ焼きの粉に混ぜる・みそ汁に混ぜる・振りかけのようにご飯にかける・面倒なのでコーヒーに混ぜるなどして様子見をしたいと思います。

 

 !~2か月後には糖尿病に大いに効果が出て、「ノーベル賞」物の大発見があるかもしれません大いに期待してください。

 

 『アホカ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 関心図書 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/431
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM