11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 五月連休前に友来る | main | 今年も田植えの季節だ >>
ENTRY TOP
日本ミツバチの巣箱開放

我が掘立小屋の前にある10個ある日本ミツバチの巣箱の1っ

 

 

 

明けてみたら巣箱も半分の巣で蜜もほとんどありませんでした

 

 

 

 昨年の春からわが日本ミツバチの10個の巣箱に2つの巣を作ってくれた日本ミツバチ。

 

 おかしい春先になっても巣の出入りがありません。

 

 巣離れをおこしたのか点検してみました。

 

 やっぱり2つとも日本ミツバチの姿が見えませんし、巣の中に密もほとんどありませんでした。何が理由なのかは分かりませんが、山側の巣がないのと同時に巣箱の中に小さいですがスズメバチの巣までありました。こらミツバチもあかんわな。

 

 今年の蜂蜜はあきらめます。来年に期待しましょう。

 

 巣箱の出入り口が少し小さいことが気になっていましたの、改めて出入口を作り直しました。これで日本蜜蜂も住みやすくなって入ってくれることを祈りましょう。

 

 日本ミツバチの偵察隊がすでに我が巣箱の回りを飛び始めています。いつも5月ごろに分蜂(巣別れ)が行われますので、昨年を上回る3つほど入ってくれたらと捕らぬ狸の皮算用をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ちゃらんぽらん農業 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/446
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM