11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< イチゴとアライグマ | main | またまた「無手勝流」糖尿病対策について >>
ENTRY TOP
無手勝流糖尿病対策にチャレンジ

 

 前々回のブログにも書きましたが、私の糖尿病対策の食事療法です。

 

 繊維質の多い食物、例えば海藻類、(ひじき・ワカメ・昆布)・繊維質の多い野菜(ゴボウ・小松菜・ほうれん草等)・菌類、(椎茸・エノキタケ・マッタケ・なめこ・初茸)

 

 穀類では玄米(特に糠)などを炭水化物を撮る前に多くとれば、その分繊維質に糖分やコレステロールの吸収が穏やかになると言われていますので、小屋での昼の食事は「これでもか」と言うほど繊維質の野菜を摂っています。

 

 特に米ぬかについては、口当たりを考えて「みそ汁や・雑炊」にいつも大匙2杯分入れています。

 

 最近繊維質が多い食事をとっているせいか「通じ」がスムーズです。

 

 今回載せているのは、冷凍ご飯(半合)・椎茸・コンニャク・チンゲン菜の花芽・小松菜・タケノコ・ヌカ大匙2杯・昆布ひとかけ・ワカメ一つまみ・を雑炊にして食べました。 

 

 

 

冷凍ご飯に野菜たっぷり卵を溶かし込む「彦雑炊」

 

 

 

どんぶりにはほとんどご飯類が見えません「野菜汁か」

 

 

 

 どんぶり3杯分の量があり、おなかは満腹で「食べたという充実感」がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/452
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM