11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 糖尿病対策頑張ってるでー | main | 待望のカラオケ喫茶での「CD録音 」完成する >>
ENTRY TOP
うたのまち篠山「せせらぎ」と言う会に入る

 

 

 

この愛照名歌がこの「せせらぎの」教科書です

 

 

 

 日本の童謡唱歌を広める会の、うたのまち篠山『せせらぎ』に入りました。

 

 なぜかって。

 

 それは、これまで歌声喫茶として月2回しか歌ってなかったので、もっと歌いたいと思ったからです。それも同じ第4水曜日と木曜日連ちゃんです。 困ったこっちゃ、""""""""

 

 もっと歌いたい僕としては物足りない。

 

 今年から、高齢者大学、(月1回)にも入りました。ここでも昼からある趣味の部で歌唱に入っています。これwでやっと月4回(1週間1回)のペースで歌が歌えるようになりました。

 

 今回入った童謡・唱歌「せせらぎ」なのですが、毎月第1水曜日10時から11時30分の1時間30分です。

 

 今回は、1時間30分もあるのに1曲の歌の指導だけでした。ボケない体操と、声出しと江戸時代の歌の歌唱指導でした。

 

 歌の題は「向こう横丁」という江戸時代の童謡との事です。私の心の声は、「こんな歌どうでもええ、知ってる歌ぎょうさんうたおう」と私しは思っているのです。

 

 入るところを間違ったかな。 後悔しきり、こんなはずではなかったと思っている所です。

 

 

 CDに自分の歌を収録したいという気持ちと、日頃もっと多く歌を歌いたいという気持ちは同じなのだと思います。

 

 歌うど、CD収録するど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 彦つれづれ考 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/457
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM