10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< うたのまち篠山「せせらぎ」と言う会に入る | main | 夏の畑はジャングルです >>
ENTRY TOP
待望のカラオケ喫茶での「CD録音 」完成する

カラオケ喫茶の録音からCDを作成しました「彦72歳」まだまだやるぞ"""

 

 

 待望のカラオケ喫茶でのCDが完成しました。音はスタジオでありませんのでもう一つですが。

 

 贅沢は言えません。

 

 この前は候補として、44曲出していましたが「絞って絞って」最後は全部で21曲になりました。

 

 いかがその歌の題と、出だしの歌詞です。

 

1   いつでも夢を (星よりひそかに 雨より優しく)

2  青い山脈 (若くあかるい 歌声に)

3  四季の歌 (春を愛する人は 心清き人)

4  北国の春 (白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の春)

5  あかとんぼ (夕焼け小焼けの 赤とんぼ)

6  影を慕いて (まぼろしの 影を慕いて 雨に日に)

7  上を向いて歩こう (上を向いて歩こう 涙がこぼれないように)

8  星影のワルツ (別れることはつらいけど 仕方がないんだ 君のため)

9  高原列車は行く (汽車の窓から ハンケチ振れば 牧場の乙女が )

10 裏町人生 (暗い浮世の この裏町を のぞく冷たい こぼれ陽よ)

11 およげ・たいやきくん (まいにちまいにち 僕らは鉄板の )

12 ここに幸あり (嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜけわし)

13 月の砂漠 (月の砂漠を はるばると 旅のラクダは行きました)

14 乱れ髪 (髪の乱れに手をやれば 赤いけだしが 風に舞う)

15 ふるさと (ウサギ追いしけ かの山 小鮒釣りし かの川)

16 野風僧 (お前が二十歳になったら 酒場で二人で飲みたいものだ)

17 別れの一本杉 (泣けた泣けた こらえきれずに 泣けたっけ)

18 仰げば尊し (仰げば尊し わが師の恩)

19 愛燦燦 (雨燦燦と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを )

20 証城寺の狸ばやし (しょう しょう 証城寺 証城寺の庭は)

21   悲しい酒 (一人酒場て゛ 飲む酒は 別れ涙の 味がする)

 

 

 私は現在72才まだまだ頑張れると思っていますが、一方でいつ死んでもおかしくない年になったとも思っています。

 

 歌声喫茶で、大きな声で歌を歌って皆さんに迷惑をかけています。そこで思ったのですがまだ現役で歌が歌えるうちに子供たちに「遺産として」残しておきたいと。「そんなんいらんわ」と言われると思いますが。

 

 自分でも思います、まだまだそんな歳ではないと。シャンソンは辞め、陶芸は小休止していますが、アルバイトの作業や、田んぼ畑・木工・吹き矢・歌声喫茶・童謡唱歌などで活動しています。

 

 いつどうなるかわからないのが人の人生です。

 

 出来る時に出来ることをしておこうと思います。

 

 聞きたい人はCDくれと申し込んでください。

 

 手作りで手も掛かっていますので、ただと言う訳には行きませんが安く提供したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
是非、販売価格をみてから、
、購入を希望します。
| 黒川 | 2019/07/26 10:02 AM |
 
 黒川さん高いですよ。ダビング代300円。高いからやめた方がいいですよ。

 黒川さんでしたら私が生で歌います。ただで!!!!!!
| 彦 | 2019/08/01 8:12 AM |
2枚、予約お願いします。
| 黒川 | 2019/08/02 7:35 AM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/458
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM