11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 生きていた証「CDでわが歌声を録音」第2弾 | main | 何時もの事「感傷の秋」 >>
ENTRY TOP
田んぼに猪や鹿の被害出る

田んぼの中に鹿や猪の入った形跡があり全体をネットで覆う

 

 

 

田んぼの山側には常設の柵があるのですが倒されていましたので立て直しました

 

 

 

 

 わがちゃらんぽらん農業ですが、猪や鹿に田んぼが荒らされれば、重い腰を上げざるを得ません。

 

 仕方なくわが田んぼを網で囲いました。

 

 

 

田んぼの畦のミミヅを取る為猪が畝を掘り崩している

 

 

田んぼの中にやわらかい籾を食いに来た鹿の足跡がくっきり

 

 

 それ以降も、まだ出没するみたいなので田んぼの山側「常設された柵を見回りました」柵の一部が、踏み倒されているところがあり、猪も・鹿もずずとうりの状態でした。

 

 早速く修理して、これから稲刈りまでもってくれることを祈ります。

 

 

 この時期あまり花々は咲いていないのですが、土手を整備しているときに いつもの彼岸花とこれまで目にしなかった、ヤマユリが咲いていました。いつも関心を持って見ていなかった証拠です。反省。

 

 

 

ヤマユリ

 

 

田んぼの山側にうすい柿色がかった彼岸花

 

 

 

 

| ちゃらんぽらん農業 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/465
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM