11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 今年の稲刈りやっと終わる | main | 台風一過マッタケ山に登る >>
ENTRY TOP
栗・マッタケ・黒豆のシーズン到来

実が沢山ついているクリの木

 

わが小屋には10本ほどのクリの木がありその下に網を張り栗を受けます

 

 

 今年は米の出来があまり良くないらしい。こういう年は逆にマッタケの出来が良いと聞きます。いつも自分に良いふうにばかり考えてしまうのですが。

 

 まあマッタケの前に栗の収穫がありますのでその段取りから始めています。

 

 栗は地面に落ちてからの収穫になりますので、栗の木の下は綺麗に草刈りをしなければ落ちた栗を拾えません。2~3日前から草刈りに追われています。

 

 そして最も栗が拾いにくい所には網を張って栗を受けます。 まあそういう事で、心はすでにマッタケに飛んでいるのですが、コメが終わってもまだまだ山に登ってマッタケさがしまではできません。

 

 わが小屋周辺に、10本程度のクリの木が植えてあります。

 

 12年ほど前に、友達からもらった栗の苗木をせっせと植えました。

 

 今大きな実をつけてくれています。収穫はマッタケ探しと並行しての作業になりそうです。

 

 

 

まだ成熟していない実が台風で落ちました

 

 

 

成熟してくると栗のとげが茶色になります

 

 

 台風前に最低温度が15度程度(寒くならないと菌が休眠から覚めない)の日が2日続きました。これでマッタケの菌も芽を切ってくれるでしょう。雨も100ミリぐらい降ってくれましたし、マッタケ発生の条件は最高です。

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/468
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM