11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 台風一過マッタケ山に登る | main | 山登り5回も空振り「彦真っ青」 >>
ENTRY TOP
マッタケ不調でも黒枝豆やカキ栗は好調

カキの実は小さいですが沢山なりました

 

 

黒豆の枝豆です

 

 

栗もそこそこ身がなっています

 

 

 10月3日の日にわが裏山のマッタケ山に3回目の山登りを行いましたが、マッタケの姿は一向に見えませんでした。寒い日があったのですがそれ以降が熱すぎです。そして雨も降っていません最悪の状態です。

 

  それでも良くしたものです、マッタケが振るわなくとも柿も栗もそして黒枝豆も順調に育っています。

 

 そう秋本番です。ちょっと寂しいですが「まったけ来い秋よこい」

 

 

 丹波新聞で丹波篠山産マッタケの記事が出ていました。

 

 今年は暑い日が続き雨もあまり降らず初セリでは、つぼみのマッタケ190グラム(7本)105万円の値が付いたそうです。1キロあたりに直すと552万円だそうです。羨ましい。

 

 マッタケは出ていませんでしたが、あまり見かけないきのこは少し生えていましたので写真に撮ってきました。

 

 

 

テングタケの仲間と思われる

 

あまりよく分かりません

 

 

同じく探そうという意欲がわきません

 

 

 一度寒さが来てそして大きく雨が降ってから山に登ろうかと思っていす。

 

 今年は何だか空振りしそうな予感がします。

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/470
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM