11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
<< 色粘土での着色マグカップ | main | そろそろ畑・田んぼの整備を始める >>
ENTRY TOP
蕎麦打ちと薪ストーブ
 蕎麦を作りましたのでそのそばを使ってそば打ちを行いました。同じ陶芸家の黒川さんと言う方に打ち方を教えていただき我が小屋で蕎麦打ちをしてみました。

 そばガラの付いたそばから、そば粉を作るという作業が大変でした。まず蕎麦をお米で使うもみすり機と言う機械に入れて、そばガラを落とす作業から実施して、石臼でそのそばを何回も引き、粉にしてはじめてそば打ち用の粉ができます。1キロのそば粉を作るのに倍ほどの蕎麦が必要になりますし時間も2時間以上かかりました。蕎麦を打つと言うのは大変だと言うことです。



            石臼で蕎麦を粉にしました




  一センチ程度の厚みまで手のひらで伸ばしその後はのし棒で伸ばしていきます


 

    板を当てて蕎麦を切ります包丁は菜切り包丁ですが当分この包丁で行きたいと思います
 




 


 
           45000円の中国製の薪ストーブです



 これまで使っていた、ダルマストーブはあまりに傷んだので廃棄処分にする予定です。廃棄処分と言いながら実際は「骨董市」で売るつもりですが。

 あまりに痛んであちこちから煙が出て部屋中が煙だらけになり部屋にいる人間が燻製状態という有様仕方なくとうとう新しい薪ストーブを買いました。

 中国製の安物の鋳物ストーブです。これまではストーブ用の薪は裏に積み上げブルーシートを掛けるだけでしたが、今回は改めてストック用の薪小屋を造り薪もこれまでの杉ヒノキではなくクヌギの木を村の人からいただき蓄えました。






          クヌギの薪を蓄える薪小屋を新調しました





 




| 陶芸クラブ日記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - | - |
ENTRY BOTTOM
COMMENT TOP
Comment
お久しぶりです。
あのダルマストーブが引退してしまいましたか。
今度のは薪もたくさん入れられそうですね。
3月28日に森尾さんちに行って、山芋の植え付けを手伝う予定なので、邪魔になってるあの船盛皿を引き取りにお伺いしたいと思います。ご無沙汰しておりまして申し訳ありません。汗
| muca | 2009/02/22 3:20 PM |
mucaさんお久しぶりです。
自分のブログですがあまり見ておりませんで返事が遅れましたごめんなさい。
我が陶芸クラブも冬の間は開店休業状態ですので、いつでも来て下さい。
私も三月になれば、少しは活動したいものと思っております。
三月二十八日のお越しをお待ちしております。
| 彦 | 2009/02/25 8:48 PM |
コメントする









COMMENT BOTTOM
TRACKBACK TOP
この記事のトラックバックURL
http://hikook.jugem.jp/trackback/69
トラックバック
TRACKBACK BOTTOM