11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
五月連休前に友来る

会社の同僚菖蒲君と小津君

 

 

 

まだあまり出ていなかったタケノコ

 

 

 

 今年は五月連休は10連休らしいですね、「働き好きの日本人」には長すぎて、どう使ってよいか迷うのではありませんかね。

 

 妻や私などの年金生活者は、毎日が連休日ですのでこの時期は、あまりうれしくありませんが、子や孫の顔が見れるという事は「やっぱりうれしい」ですね。

 

 それでも交通停滞など、日常生活に支障をきたすことは困ります。

 

 国の問題としては、元号が「平成」から『令和』に変わろうという連休前・わが篠山でも「篠山市」から「丹波篠山市」に変更を国の天皇即位に合わせて5月1日に行うなど忙しいさなか、わが友二人はいつもの様にタケノコ取りでわが小屋に訪れました。前もっての連絡に「タケノコまだ出ていない」という事は伝えていたのですが、予定の変更ができないとの事でやって来ました。

 

 そうなのです「わがまま二人組です」

 

 

 

春を告げるわが裏山の鮮やかな緑の葉の山モミジ

 

 

 

連休最期あたりで田植え予定の水を張ったわが田んぼ

 

 

 

 畑には、花をつけたイチゴが200株・玉ねぎの株20個が大きく生育しています。そのほかに今植え付けているのが、 コンニャク芋・里芋・山の芋・牛蒡・サツマイモ・大根・人参の根菜類。

 

 それと糖尿病対策の、葉物野菜・チンゲン菜・小松菜・白菜・小松菜・ねぎ・トウモロコシ・プリンスメロン・スイカ・インゲンマメなどを畑に植えています。

 

 

 

春は椎茸の収穫に忙しい

 

 

 

小さい時に取っている椎茸

 

 

 

取り切れず大きくなった椎茸は干しシイタケに

 

 

 

 何時もの事ですがシイタケは食べきれずにもったいないですが「干しシイタケ」にしています。

 

 春は植物たちにとっても芽吹きや・成長の盛りの時期です、私も忙しい。

 

 「ああ忙し・ああ忙し」(手はアチャコの様にコ振る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
まって正解タイヤ交換

スタドレスタイヤからノーマルタイヤに付け替える

 

 

ジャッキーアップしてタイヤボルトを外している

 

 妻から、タイヤ交換3月中ごろからしたらどうやと言われていた。その時は真夏日のようなポカポカ陽気でした。

 

 ただ私は、これまで篠山の春の寒さは骨身にしみていましたので「待て待てしばし」と、タイヤ交換は4月に入ってからと宣言宣していました。

 

 大正解です3月末に氷点下の日が2回、そして雪が3回も降りました。

 

 4月に入って篠山でも桜の開花宣言が出ましたので、そろそろタイヤ交換も良いかなと思い実施しました。

 

 

 

紅白の梅の花

 

 

わが畑入り口のフキノトウ

 

 榛は心もウキウキします。

 

 あまり浮かれて失敗しないようにと、いつも妻から釘を刺されていますので「緊張」蚊取線香です。

 

 「なんやそれ」ヘタなダジャレやな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
元号が発表された小屋の一日

わが山裾のショウジョウバカマのかれんな花が咲きました

 

 

   2019年新しい元号が発表されました。『令和』(れいわ)と言うらしいです。

 

  そのこととわが小屋とはどういう関係があるかと言うと、何の関係もありません。新しい元号は「そう成りましたか」と言う程度の関係性です。

 

 そんなことより我が夫婦にとっては大事なこととして、土・日に春休み中の娘の家族(2家族6名)たちが遊びに来ました。嬉しくそしてあわただしい数日間でした。

 

 わが知足谷も「春の足音が映り出しました????」。そしてわが小屋前の槙田さんの田んぼにも、水が張られ田植えの準備まで始まっています。

 

 

知足の元屋敷跡の満開の藪椿

 

 

同じく知足道路沿いの屋敷跡の水仙

 

 

丸山のフランス料理「ひわの蔵」前の三俣の花

 

 

わが小屋前の槙田さんの田んぼ早々水張完了です

 

 

 新年号が発表された日は、篠山では昼からみぞれが降るへんな天気でした。「なんやねんこれ」「三寒四温」???かなこれも、と思えるような温度変化でした。

 

 わが小屋の前の田んぼではこんな感じです。あとは苗を植えるだけと言う感じですかね。

 

 私の田んぼは5月9日以降と言う予定になっています。えらく遅いようですが、コメの苗を頼んでいるJA の段取り次第で仕方がないらしいです。同じ圃場で三サイクルの苗づくりの結果らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
掘立小屋でスポーツ吹き矢の練習始める

 

冷凍保存用のハッポースチロールの的

 

 

 最近入った「スポーツ吹き矢」先生に筋が良いとほめられ早速道具一式そろえました。皆さんとの練習は、月2回ですがやりだすと面白く掘立小屋で練習しています。

 

 道具として買ったものは、吹き矢の筒1本・吹き矢10本・筒の唾の水分取り道具です。

 

 

 

吹き矢の筒と迷彩色に塗った手作り土台の吹き矢立て

 

 

 

筒に鎖を通して布を筒に引き入れて筒中の水分を取ります

 

 

 

的に刺さった吹き矢を抜き手作りの黄色い袋に入れます

 

 

 

 自分で作ったものは・筒入れの袋2袋( 持ち歩くとき用の物 )・吹き矢抜き(檜の枝を使って自分で作成) ・吹き矢立て用道具(木の板と水道塩ビ管で作成)・吹き矢的(発泡スチロールで作成)などでした。

 

 教室では上級者は8メートルから中級者は7メートルから的に向かいます。私は初心者ですので皆さんとは違い、一番前の6メートル離れたところから的を狙う練習をしています。

 

 小屋では、どこから的を狙っても良いので、出入り口を開けて10メートル離れて的を射る練習をしています。

 

 上級者でも8メートルやのにそれ以上離れてるがな。???

 

 

小さい小屋からトイレ前の的に向かって10メートル

 

 

 小さい小屋から大きな小屋の扉を開けて吹きますので、小屋の端から端に向かって吹き矢を吹いている感じです。

 

 「なんか肺が強くなった気がします」「上級者以上に上手くなった気がする」そんなあほな!!!!!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
多座衛門ライブあかんわ!!!!!!!

 


そばの垂れ幕をバックに・ピアノ・ベースギター・ドラム・・エレキギター

 

 

そばを食べながらのライブです

 

 

 3月9日土曜日に私にとっては蕎麦屋、多座衛門で初めてのライブに参加しました。そして「あかん」最低の出来で終了しました。

 

 まずキーが合わない(音の高さ)・歌詞を間違う・歌淘汰の間が取れない・声が出ない

 

 「いったいなんやねん」どうしようもなく「私の日ごろの自信が打ち砕かれた」ライブでした。

 

 「なんや自身があったんかいな」

 

 

 

花粉やのに・御年86才先輩の堂々とした歌いぷり

 

 

大きな蕎麦屋さんではありません25人はいればいっぱいです

 

 

 次回は5月11日篠山市民センターのホールで開催するとの事、再チャレンジしてみたいと思っています。

 

 こうご期待。「誰も期待してないで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
確定申告の季節だ

確定申告会場の案内板です

 

 

 年金生活者でありますが少し株をやっています。儲かっていればいいのですが、損失が出た場合3年間の期間マイナスの補填が税制上ありますので確定申告は欠かせません。

 

 合計金額がプラスにならなければ、その儲けに対して課税されないという制度を利用するためには申告が必要なのです。

 

 「いつもマイナスばかりやのに関係ない制度とちゃうか」『ほっといて』

 

 

確定申告会場に入りきらない人たちが並んでいます

 

 

 いいかえれば負け補填の為の申告です。

 

 医療費なども計算して案外きっちりした申告です。

 

 今の時代インターネットで自分で申告すればいいのですが、この年になると難しい。結果各市町村で行われている「確定申告開会場」に行き税理士さんの手を煩わせています。

 

 「金儲けも一苦労やわ」「そんばっかりやのになにゆうてんねん・阿保」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
香住の友達からカニ6杯を頂く

我が掘立小屋の中庭で給食用の大鍋で6杯のカニ茹で

 

 …遠方の友達から、ビッグな頂き物をしました。

 

 友達とはありがたい物です。わが家では幻の「松葉ガニ」6杯も頂きました。

 

 一生で一度の贅沢・カニ刺身・焼きガニ・・カニしゃぶ・かにすき・をさせてもらいました。神さん仏さん…わが親友ありがとう。

 

 掘立小屋の給食用の大鍋で、約1時間かけてカニ6匹を湯がきました。大変大変。大大変。

 

 

ゆであがった6杯のカニ・2匹下に隠れています

 

 

 

沸騰させる水の量も・バケツ3杯分・半端ではありませんので時間が掛かりました

 

 

 焼きガニや刺身・水炊きの写真は食べるのが忙しくて写真を撮りませんでした。悪しからず。

 

 本当においしかった。わが友有難うこれからもカニ待ってるわ。アハハハハ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
そばやさんで『最後だとわかっていたなら』を歌う予定

 

 

 3月16日土曜日午後6時30 分から、篠山の「多左衛門」と言う蕎麦屋さんでライブがあります。

 

 その蕎麦屋さんは、月一回ジャズのライブがあるそうです。

 

 私はジャズは歌いませんので、3か月1回開かれる、ジャズ以外のライブに今回参加することになりました。

 今まで通っていたシャンソン教室はやめたのですが、今回のように時たまはライブには出させていただきたいと思っています。

 

 そのための練習に励みたいと思います。

 

 今回私が歌うのは、シャンソン歌手のクミコさんも歌っています、「最後だとわかっていたなら」を歌う予定です。

 

 この歌は、アメリカで起きた2011年3月11日同時多発テロの追悼式で読まれた詩です。自分の息子を10歳で無くされて、その時の悲しみを詩に書いたそうです。

 

 最後だとわかっていたなら』

 

 今日と言う日が、最後だとわかっていたら、

一言で良いあなたを愛していると私は伝えただろう。

 

 あなたの眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら、

その魂が守れるように神様に祈っただろう。

 

 忙しさを理由に、あなたの喜ぶことをたとえばそっと微笑むことさへ、

なぜできずに来る日を過ごしたのだろ。

 

 今日と言う日が、最後だとわかっていたら、

一言で良いあなたを愛していると私は伝えただろう。

 

 


 

 

 東日本大震災から6年目にあたって岩手日報は「震災を勝手に終わらせない」として、「最後だとわかっていたなら」の詩を新聞に掲載しました。

 

 岩手日報は、3・11・をすべての人が大切な人を思う日に・そして災害を教訓として忘れない日に。と呼びかけました。

 

 この詩は、「もし明日が来ないとしたら、私は今日、どんなにあなたを愛しているか、伝えたい。」との思いを切々と訴えています。

 

「明日」が来ることは、誰にも約束されていない。だからこそ「今日」を大切に生きよう""という思いを込めた感動的な詩です。

 

 私のようないい加減な人間でもこの詩には「うるうると感動」させられました。

 

 練習を沢山して、聞いていただく方に感動を与えられれば最高です。「無理やな」そう言うなよ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
村の旅行で香住に『かに会席・但馬ステーキ』食べて来ました

氷上観光のバスです これに乗っていきました

 

 

後部座席がラウンジのようになっていてビールで盛り上がる

 

 

途中豊岡でかばん屋さんに立ち寄り見学

 

 

 

 

 今日は年1回の鷲尾集落上の旅行です。公民館前8時15分出発で、香住佐津温泉・波音の宿くろしおでカニ会席と但馬牛但馬ステーキを食べて来ました。

 

 量的にもそこそこあっておなかも満足しました。ご馳走様!!

 

 

 

豪華絢爛なカニ会席と但牛ですステ―キ

 

 

刺身盛り合わせウニ・トロ・階・海老・たい

 

 

田島牛のステーキとエリンギとピーマン

 

 

  カニで会席で先ず生ガニの刺身・そして焼きガニ・カニのしゃぶしゃぶ/かにの水炊きで締めでした。カニ三昧で嬉しい。食べるのに夢中で写真があまりとれませんでした。田島牛のステーキもおいしかったです。

 

 幹事の細見さん・会計の森本さんありがとうございました。

 

 久しぶりにかにで満腹・こんな時は人生に感謝・感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
寒い時は思考も止まるみたい・それでも自転車散歩

 

自転車散歩の帰り道道路右側に畑越しに鳳鳴高校

 

 

 

鳳鳴高校を少し過ぎたところ右側にあるお寺

 

 


また少し行くと正正面やや右側におおひるめ神社

 

 

 

 シイタケも、寒さでイジケて小さい芽のまま固まっています。これが寒さが緩んでまた成長すると、ひび割れた肉厚りシイタケができるのですが。これをドンコと言います、美味しいですよ。

 

 寒くなると、私の頭も凍てついて働きません。こんな時は薪ストーブの前でボーとしていればいいのですが、性格です何かしています。「何をしているのか」を言うほど大したことでもありませんが。

 

 あえて言うと、電気自転車での散歩や畑の見回り・ツリーハウスの痛んでいるところをコチョコチョト手直しなどしています。

 

 まあ!!自転車散歩も含めて、今やらなければならないという必要に迫られた作業や行為ではなく、することがないから探し当てた作業(行為)と言う程度の物です。

 

 でも糖尿病対策にはなっているので自転車散歩は大事かも?。

 

 

 

鷲尾の集落を過ぎて右山裾にあるわが掘立小屋群

 

 

 

近くで見ると掘立小屋とツリーハウスはこんな感じ

 

 

 

 電気自転車での散歩(サイクリング)の帰り道、道鳳鳴高校横の道に入るのです。

 

 おおひるめ神社の前を通り佐倉・大谷・鷲尾の各集落をと通り過ぎて知足の手前道路右側、山裾の緑の網をかけた畑とその上の掘立小屋・その後ろ上部にはできの悪いツリーハウスがあります。

 

 手作りの小屋が4棟ほどが雑然と立っています。これがわが自慢の手作り「作業小屋」です。

 

 することのない・そして寒くて・のんびりした一日・の出来事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 陶芸クラブ日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM