11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
calendar_bottom
RSS | ATOM | ADMIN

立岩陶芸クラブ

発想の転換で都会から篠山に、金持ちではなく時間持ちを求めて農業と陶芸にいそしむ。
ENTRY TOP
わが小屋の水道


 わが、立岩陶芸クラブの掘立小屋の水道は、自前です。

 もともとは掘立小屋の立っているところは、小さな田んぼでした。田んぼが有ると言うことは、そこに水源があったということです。その水源は沢蟹たちが戯れる場でした。

 水は命の源ですから、この場所があったから、「この土地を買おう」と思ったのです。


 わが小屋の水源沢蟹の巣穴から出る水



    第一沈殿槽ですがその上に植木鉢を置いていますので全体像はわかりません


  泥などが入らないように網戸を置いている第二貯槽と濾過槽


      第一沈殿槽から第二沈殿槽に取り込んだ水
   


   第二沈殿槽から出てきた不純物沈殿後の水とその下の砂・炭濾過槽
    

 

    第二沈殿槽あとの濾過槽・砂が汚れている状況


      砂濾過槽の砂の除去作業とバケツ


 ところがこの水は、裏山の湧き水なのですが、沢蟹の巣穴から流れ出ている水ですので、少し泥が混じっていました。皆さんが考えるような「日本百名水」何十年の歳月をへて土(溶岩石)に濾過されて、透き通った水として湧き出てくる名水ではありません。

 

 山水であり、山には畑もありませんので、農薬などで水が汚されることはありませんが、猪や鹿・サルなどの動物のフンなどで、汚されている可能性があります。特に沢蟹の穴などから湧き出ているので、どうしても少し泥が混じりますので、取り除く必要があります。


 そう云う事でわが小屋では


 ‖莪貭静汰悄
  水を扇形に流し流速を落としながら、泥け(水より重い物)を沈殿させます。

 第二沈殿層
  第一沈殿層から受け継いだ水をろ過槽に導く誘導槽 
  
  
  

 砂・炭による濾過槽
  その泥けを取り除いた水を、砂と炭とでろ過します。


 ぁ‖莪戝水槽
  砂・炭による濾過槽からの綺麗な水を最初に貯める水槽

 ヂ萋鹵水槽
   
  第一貯水槽に貯め、その水をもう一度第二貯水槽に貯めます。
   (なぜ第二貯水槽ができたのかは、わが風呂に水を貯めると第一貯水槽の
    水が底をついてしまったからです。)

 今はその風呂も、薪釜が潰れてしまって風呂場も物置になってしまっています。


        第二沈殿槽から砂・炭濾過槽を写す


         第一貯水槽に入れる炭


      第一貯水槽に炭をを引き詰めるが水を張つたら炭の袋が浮き上がる


    砂濾過槽の砂を除去して炭を引き詰める右第二貯水槽


   砂濾過槽の砂を除去して炭を引き詰めた濾過槽と右第一貯水槽


       第二貯水槽をたわしで清掃中


        第二貯水槽に水をためている途中

 今回の作業で、砂・濾過は取りやめて、大量の炭による浄化作戦に切り替えました。なぜなら砂はすぐに目詰まりを起こし、頻繁に表面の泥を取り除くという作業が出てくるからです。作業頻度が高いのです。早い話シンドイのです。ので今回は、炭に置き換えてみました。

 これで少し様子を見たいと思います。




| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
しんどい夏ですが手が空いてツリーハウス作り


       わが山は梅雨過ぎてアジサイ咲く



 逆光ですが綺麗ですね2m四方土台が太陽に透かされて見えています



    この写真の方が分かりにくいです15m上空にツリーハウス


   2m四方のツリーハウスの土台部分です

 シンドイ・シンドイ夏なので、アルバイトは極力断っています。

 そう云う事で、暇なので最近また、ツリーハウスを少しずつ作り始めました。とはいっても体はシンドイので、いつものペースの半分ぐらいしか進んでいません。

 杉の木の、高さ15mの所に作るツリーハウスに通じる通路上部(2m)に、ツリーハウスの天井骨組および、そこに通じる通路の安全の為、長さ5mの檜丸太を取り付けました。



 檜の丸太の皮むきです夏場は水分を多く含むので簡単に皮がむけます


   ナイフでの皮むきも気持ちがいいですよ

 
     5mの長さの檜ですがあっという間でした



   肌が真っ白できれいでしょう「僕の肌のようです」・・・????

 この長さ5mの檜の柱2本を、高さ15mの足場からロープで吊り上げました。安全帯を取り付けて安全確保はしましたが、それでも背筋がゾクゾクとするスリルを味わいました。


わが永遠の恋人ツリーハウスへの道

 いつもは小屋の裏側から上るのですが、今回は小屋の正面からツリーハウスに向かう通路から紹介します。

 正面右側の、わが水道水を砂と炭で浄化している、浄水場のコンパネを渡り、魔法使いの森とアジサイを左側に見ながら、山裾の階段を上ります。


     わが小屋前にある魔法使いの城と村

 フキが生える、じめじめした30センチほどの細い道を、10mほど進むと右手に上る急な階段が見えます。

 階段の両サイドは、私の作品を見え隠れ状に配置し、その周辺にいろいろなコケを張り付けました。山の植物を植え付けましたが、自然に適応できたものや、できないもの、色いろの試行錯誤の最中の山の庭です。

 この山の庭がそこそこ上手く行けば、できれば将来篠山市の「オープンガーデン」に応募したいと思っています。


     湿気の多い細道を右折れした石と木の階段



 上部は木の階段になっていて両サイド種類の違うコケを張り付けて様子を見ています


  登り切った右側にツリーハウスのはしご階段が見えます


   ハシゴ途中からツリーハウスを見る



 この場所が、前回NHKの「いいとこ」で放映されたツリーハウスです

 ツリーハウス右隅から、次の制作中のツリーハウスに向かう檜の橋を写しています。

 通行するには、人間が屈み込んで手すりをくぐっていかなければならず、不評ですが、安全上必要と判断していますので文句は無しです。

 「文句を言う人は登ってもらわなくても結構」(柄にもなく少し強気です)だと思っています。



かがまなければいけないと云う事で文句が多いので「屈み橋」「文句橋」どっちにしょ


     右ドッグレッグした狭い階段「へそすり階段」

 その「屈み橋・文句橋どっちにしょう悩むな」を渡って、右に約60度曲がる「へそすり階段」肥えている人はなかなか、すり抜けられない狭い階段を通ります。


   幅60センチの階段「へそすり階段」そら狭いわな



      
    右にドッグレックした先の緩やかな階段



  緩やかな階段の先に大きなカスガイを打った垂直階段(ハシゴ)

 
 突き当りの杉の垂直のぼり階段(カスガイ)部分の、落下防止用背もたれおよび、カスガイを上るときの、側面落下防止柵取り付けました。



    その垂直階段の手前の木は安全対策上の背もたれ

 へそすり階段を、右に60度曲がった正面の緩やかな階段を3m進むと、正面の大杉に撃ち込まれた、大きなカスガイが目に飛び込んできます。

 このカスガイ右左にズレて打ち込まれています。

 右足左足と交互に出すことを考えて、少しずらして打ち込みましたが、実際使ってみると使い勝手はあまりよくありません。考えながら下りるということに、あまり慣れていないからだと思いますが、今更抜けません。抜こうとしましたがかたくて物理的に抜けない状況です。トホホ


 ツリーハウスの土台より150センチほど上までカスガイを打ち手すりとしています


 上部手すりの上に今回引き上げた屋根用の檜の丸太2本



 カスガイの付いたのぼり口反対から写す



    足場の上にあるロープはヒノキ丸太を引き上げたロープ



 ツリーハウス足場から下の緩やかな階段を写すこの下15mから丸太を引き上げました



 大きな杉の木の15m上に作る予定の2m四方のツリーハウス足場


   この上にツリーハウスが立ちます・あちこちのロープは安全確保のための物です



     ツリーハウスの屋根および通路の補強の檜の丸太

 まだ・まだツリーハウスは未完成ですが、また少しずつ報告するつもりです。が、なんせ夏はシンドてシンドて、思うように仕事は進まないとは思いますが、少しだけ期待してください。



| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
春らんまんとツリーハウス

 土手につくしが出ました。わが水仙も綺麗に咲き出しました。今まで咲いていなかった花が一斉に咲きだしたみたいです。


              田んぼの土手につくしが勢揃いです



わが池の横の水仙今年も綺麗に咲いてくれました



       朱モクレンも大きなつぼみを付けています



     五ミリほどの小さな花ですが群生してきれいです花の名前は知りません



         タンポポです



       フキノトウも少しくたびれてきました


   

      小さな小さな名前の知らない花です



ツリーハウスをボチボチ手作り

 鶴見の「さる」さんが、また真夜中の3時に小屋に来たみたいですが、私は当然知りません。私も小屋に泊まっていたんですが、気が付きませんでした。いつもの事なんですが。

 ツリーテラスの正面大杉の、左からの回り込み階段です。1メートルほど高さを稼いで、裏側の階段につなげようとしています。


    ツリーテラス前大杉の左階段部分



            左階段部分の拡大写真



        左階段部分の90度右に回った部分



 次の大杉にかけられた階段(この時点ではまだ手すりは付いていない)



              片側だけ手すりがついた状態


 ツリーハウス作りも少し飽きてきたので、ヒノキの丸太を取るために、ユンボで少し遊びました。

 
 

 わが掘立小屋の敷地の中でも、一番奥に陶芸用の穴窯があるのですが、そのまだ奥にヒノキの植林している斜面があります。その檜の伐採と、その斜面の整地を行いました。



     ツリーハウスの土台部分に使う予定のヒノキの丸太



     遊んでばかりの鶴見の「さる」さん



   真剣に仕事に打ち込む私(実は反対かも)



    
   右上の斜面を削って平地(薪置場)を作ろうと思っています







| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
栗の接ぎ木とツリーハウス作り


 春は、どんどん足早でちょっと油断していると、初夏かと思う陽気になっています。わが北向き斜面のの小屋では、今頃に梅の花が咲き始めています。



       可憐な梅の花



       暖地さくらんぼも桜の花びらを付けてくれました



           この梅は小さな小梅の種類の梅です



鯉も寒い時は餌を与えても食べなかったがこの頃は食べるようになりました



 木の芽が動き始めましたので栗の接ぎ木を行いました。

 接ぎ木用の台木は、芝栗で小さな実を付けますが病気に強い木です・その木を切り、そこに大きな実のなる木(穂木)を差し込んで糸で縛ります。

 頼りない私の作業で果たして何本根付いてくれるやら心細い限りです。 



台木を切りその切り口に差し込み用の切込みを入れます


   切り込んだところにそぎ落とした穂木を差し込みます



  ビニールのひもで巻きつけて(穂木に新芽が出るか)活着を待ちます

 わが山の斜面には、10本程度の芝栗を植えています。その芝栗全部に接ぎ木をしましたので、全部が活着してくれればうれしいですが、その約半分はと期待しています。
 いつもの事ですが「取らぬ狸」の何とかです。


ツリーハウスの進行状態


 ツリーハウスもだいぶ作業が進行してきました。ツリーテラスの前の大杉につないだ檜の橋はほぼ出来上がり、その大杉を回り込んで、次の大杉に向かう橋への階段作りに着手しています。



          大杉左の回り込み階段作成部分を写す



    正面の大杉を左側か階段状にら回り込む予定です



左側から回り込む足場補強の上部を枝からのつり桟です

 杉を回り込む階段部分の、下の支えを取り付けるのがまた大変でした。

 安全帯を付けて、杉を降りていくのは案外簡単なんですが、作業が終わって上に上がってくるのが案外力が要り大変でした。

 わが体力のなさを思い知るときです。そう言えば「最近運動してないもんなー」と自分で納得しています。



          同じく補強用の下部の支えです


 一番大変だったのが、3メートルほど離れた、次の大杉にかけた階段用の板の取り付けでした。板を向こう側の杉に渡すのは、向こう側の枝を利用して何とか2本渡したのですが、向こう側で板を固定しなければなりません。

 どうして渡るのか、まずこちら側から向かいの杉の枝にロープを掛けて、手前側の杉まで戻します。

 これも大変でしたが省きます。


 トラロープで腰かけ板を作りそれに座って向かいにかけたロープを手繰り寄せて渡る



      関電仕様の転落防止用の安全帯



登山用の金具下にはずりません上に行くときはそれなりの操作が必要です


 双方の杉にロープが回りましたので、手前の杉の、頂上20メートル付近から垂らしているロープに、腰かけ板を作り、その腰掛と安全帯とをロープにつなぎ、腰掛に座(ぶら下がる)って双方に回したロープを引き寄せながら、向こう側にちかづき杉によじ登る方法で渡りました。

 2本の板に各々コーチボルトを2本合計4本で固定しました。



        次の大杉にわたる階段用の板二枚です



       大杉の側からツリーテラスを望む
| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ツリーハウス作りは楽しい
 


 前回は、鶴見のさる(菖蒲君)が、ツリーテラスから前の大杉にヒノキの丸太2本を渡して、その丸太の上で寝ころんでいるところで終わっていました。

 彼が帰ってから、畑などの仕事をこなしながら、2本の丸太をつなぐ木を取り付けていく段取りからの報告です。


 手すり用の檜2本を取り付け・大杉にかけた2本の檜を60センチの木でつなぎました



ツリーテラスの上は雑多な道具や材料でいっぱいです



     手すりからの転落防止用の材木が置かれています


 まず前の大杉に渡した檜の2本の丸太を、50センチから60センチの長さの角材で、梯子のように30本の木でつなぎ、梯子の土台部分の丸太の、バラバラな動きをしないようにしました。

 橋に入るために、ツリーテラス側の横に40センチ程度の開口部を設けて、「這いつくばるようにして」そこから入るようにしました。ツリーテラスの手すりは、安全のためそのままとしましたので、どうしても「這いつくばる」ポーズは必要なのです。



    ツリーテラス側の杉の右横に40センチ程度開けた開口部


 橋は2本の土台部分と2の手すり部分で、合計4本の檜の丸太で橋は補強されました。

 この土台と手すりを、転落防止用の材木(70本)で上下をつなぎ、より一層強固な作りになりました。



  不細工だか安全のため手すりはそのままにする




橋を渡るためにはツリーテラスの手すりを潜り抜けなければなりません



   転落防止用の木材上下にビスで止めています120センチの材木を70本使いました


 これからも暇ができれば、ボチボチですがツリーハウスの手づくりしていきたいと思います。私の構想としては、大杉の10メートル位のところに直径2メートル位の小さなツリーハウスを建てたいと思っています。





  
| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ツリーハウスに新たな展開



 久しぶり、に大阪の菖蒲君が遊びに来ました。

 冬の間、新しいツリーハウスを考えていたのですが、一人ではできない作業ということと、まだ寒いので暖かくなるのを待つて作ろうと思っていました。




    ツリーテラスから向かいの大杉にかけた橋の土台にまたがる菖蒲君



 左・下これから吊り上げようとしている檜の橋用丸太右は取り付けた丸太



     2本とも向かいの大杉に取り付けた橋土台の丸太




       サルのように大杉に取り付く「おやじ」



            サル親父の顔



         サル親父の友達の鶴見のさる


 ちょうど、あったかい日に彼が遊びに来たので、早速手伝ってもらって、現在あるツリーテラスから、向かいの大きな杉までの間に、ヒノキの丸太2本を渡すのを手伝ってもらいました。これは新しいツリーハウスに行く木の橋になります。

 1本が40キロぐらいあるヒノキなので、とても一人では上げきれませんでした。これさえ出来上がれば、後は板を少しづつ打ち付けていけば向かいの杉の中腹にたどり着きます。

 神さん・仏さん・菖蒲君・有難う。
 
| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
続ツリーハウス作り(ツリーテラス)



                   小屋側からツリーテラスを撮る



 



                山の斜面を登って側面から撮る




         ツリーテラスの下から土台の骨格を写す




              山の上側から梯子とテラス全体を写す



 私が、今作っているのは「ツリーハウス」と言うよりは「ツリーテラス」と言った方が合っているように思いますので、今後は「ツリーテラス」として話を進めていきます。

 今回は、階段の手すりがなく危ない状態なので、手すりを作りました。最後の上がり口のところは、檜の生木を使ったアールのある粋な手すりにしてみました。



  梯子の最上階左側に回り込んで上がる手すりは檜の生木を使用



          テラスの上から足場と梯子の手すりを撮る


 ちょっと、遊び心がある手すりになったと自画自賛しています。梯子からテラスの床に登るのも、少し段差がありましたので、その解消もあって一段低い足場も作ってみました。

 これで、だれでも安心して登れるようになったと思います。



                  階段の方からテラス右側を写す


                    階段の方からテラス左側を写す


                   テラス前面の側から階段側を写す



         正面のテラス上部の屋根用の梁です



         階段上がり口の上部の屋根の梁です


 テラス上部の屋根には、いらなくなった古い猪囲いのトタンを再利用したいと思います。

(今回県や市の補助を受けて丈夫な猪囲いが作られましたのでこれまで使っていたトタンが不要となりましたのでその再利用を行う予定です。)

 次回ぐらいにはトタン屋根が乗ったテラスがお目見えしているかもしれません。








| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ツリーハウス製作の現状





         我小屋正面1月5日の朝の雪景色です

 今年の正月は寒かったですね。皆さんお風邪を召していませんか、私はいたって元気です。 正月以降、少し「プータロー」していました。この雪景色は1月5日の朝の景色です。下の写真の屋根に積もっている雪は、20センチ程度でしょうか、この冬一番の積雪でした。こんな状態ですから冬眠状態の「プータローも当然」の結果です。




                  我小屋から篠山市内の方向を向いた景色です


 今回のちょっとずる休みは、穴窯の失敗で二回(合計7日間 168時間)の焼成というのが、少し堪えたみたいです。 ただブログに、コメントが入っていないかをたまに見るのですが、多いときには200人近くの人が我ブログを覗きにきてくれているので、なかなかゆっくり出来ないです。と言いながら今日までずるずる遊んでましたが。(200人はオオパーです同じ人が何回ものぞく事が多いからです・そんなに気にしてくれているのかな???)
 
 本当は、ずぶとい神経をしていると、われながら思っています。

 まあそういうことで、菖蒲君(鶴見の猿)も鹿の角を取りに来ませんので仕方なく、猟師の友達から持ち込まれた鹿の角で、壁掛け用の(小物掛けや帽子掛け等に利用)を作っています。

 山の師匠の森本さんは、現在我小屋で蔓細工物の作成に大汗をかいています。最近たばこを吸い始めた(止めとけば良いのに)ので、そのたばこ銭にでもなればいいのかなと私は思っています。ギャラリー「恵山」に置きますので気が向けば買ってください。すごく高いかも。




    少し小さめのものと大きな鹿の角の2つを作ってみました



          山の師匠森本さんの蔓細工の作品

 
 今回、初めて報告しますが、昨年末に「篠山シャンソン教室」に入りました。私は演歌派ですが「友達から、シャンソン教室は男性が一人しかいないから男性に入って欲しいと」頼まれ、その話が私に回ってきたらしいのです。

 気の弱い私は、まったく違うジャンルもおもしろい のかな???と思ったのと 「友達が頼まれたのなら入ろかな」と考えて昨年末に入りました。

 今シャンソン教室の先生から、課題曲として与えられているのは「ラメール」「ラストダンスは私と」ですが、「ラメール等は」全然知らない歌ですし、少し大変です。

 また皆さんにお披露目する時が来ると思いますので、その時には高いチケット(現在そんな予定はありません)などの購入にもご協力をしていただければ幸いです。



           先輩がレストランでシャンソンを歌う



 ツリーハウスは少しずつ作っていますが、ブログではあまり報告していませんでしたが、今回進行状況を報告したいと思います。

 ツリーハウスに登るのは梯子ですが、手すりがないと普通の人は少し怖いかなと思いますので手すりを今後付けようと思います。

 梯子は少し急角度です。登るときには気を付けてください。



     ツリーハウスの上から登る梯子を写す



               山側からツリーハウスに上る梯子を写す


 杉の大木に向かって登り、左側に上がるようにしています。登ったテラスの広さは約5畳半、平均的な体重の方なら、5~6人は大丈夫かなと思っています。完成すればゲストハウスのベッドを置き、テーブルで朝の紅茶でも飲めればと思っています。出来上がれば、ブログを見ていただいている皆さんも一度招待したいと思います。



           山側から梯子越しにテラスを写す



     製作中の道具関係が散らばる現場



         テラスから前の県道(篠山丸山線)を写す



        ツリーハウスのテラスから我小屋の母屋と作陶小屋をつなぐテラスを写す



            下のテラスからツリーハウスを写す

 ほとんど床板については、出来上がっていると言っていいと思います。現在は転落防止の安全対策としての、手すりを作っている最中です。だんだん形が出来上がって来ました。後は少し温くなるのを待つばかりです。ツリーハウスに上がる人は出来たら我陶芸クラブの会員になって下さい。

 原材料費(作品が出来上がるまでの費用)1k1500円です。宣伝しておきます。

 毎度おおきに。






| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(8) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ツリーハウスとアライグマ




 私の友達、菖蒲君が遊びに来てくれましたので、ツリーハウス作りに協力してもらいました。
 
 当初は、3本のヒノキと杉に1本1本に登って、材木を引き揚げる方法でテラスを作ろうと考えました。だが、現実的には大変しんどい作業になりそうなので、仮説足場を作っていつでも簡単に登れるようにしました。



      仮説足場の頂上に登るわが友菖蒲君(鶴見の猿)の雄姿



         テラス予定の場所で私の雄姿


 仮説足場を作ったことで、いつでもすぐに地上6メートルのところまで各木(3本の杉・檜)に登れるようにしました。これで、当初何年掛るかもわからないと言っていたテラス作りは、この冬ぐらいまでに出来るのではないかと思えるようになりました。

 期待にこたえられるように頑張ります。



       大きい掘立小屋の下から仮説足場とツリーハウス予定地を写す 




 話は変わりますが、我小屋にアライグマが済みこんでいました。なぜ気がついたかと言いますと、えらくハエが飛んでいるのでなぜなのかと覗くと、そこでアライグマがいました。死んで腐敗してハエが飛んでいるのかと思ったのですが生きていました。単に不衛生なのでハエがたかっていたようです。

 そう言えば何日か前から畑のネットの上のカボチャが、かじられていたりしたので当初は猿が来たのかなと思っていました。実はアライグマの仕業であったようです。



        アライグマを手づかみで捕まえて檻に入れました





             可愛い顔をしたアライグマ


 かわいそうですが、地区の猟友会の方にお渡しをして、市役所に持って行ってもらいました。そのあとあの、アライグマがどうなったのかは私は知りません。「処分」されたのかどうか、改めて聞こうとも思いません。アーメン




| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(3) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM ENTRY TOP
ツリーハウス作り開始「果たして何年かかるのか」?


       掘立小屋小屋上の杉檜の植林地階段を上がったところ3〜4本をつなぐ





      この階段を上った所にテラスを作ろうかと思っています


 我小屋の山側の杉檜にテラスを作りたいと思います。時間はゆっくり掛るかも知れません。出来上がったらそのテラスでゆっくりコーヒーを飲みたいと思います。

 そしてハンモックで昼寝がしてみたい。 ブログをご覧の皆さん、また手伝いにハハハ「冷やかし」に来てください。 


| 掘っ立て小屋奮戦記 | comments(7) | trackbacks(0) | - |
ENTRY BOTTOM